nini (8月31日 12時39分)
いやなゆめ・・・昔の彼が登場
で、私は彼とえちしたいらしい
で、せがむ。
彼は仕事があるからと出かけてしまう。それでも、ごねる私・・・・
で、「帰ってきたら」といわれる。そのときに彼が後ろから抱きしめる。私はその状態で口紅を塗る。
が、しかし、口紅が上手にぬれなくて顔にはみ出す。はみ出た口紅を手で拭い取る。口紅は上手にぬれなくて色ものらない、下唇に色がつかなくてはげている。
それから気がつくと彼は出かけてしまう。私はいつのまにか魚屋にいる。
魚屋で働いているようだった。水が流れて、目の前にかにがある。
かにを見て「うまそぉ」と思う。
ずわいがにがゆでて、おいしそうな色になっていた。
「今日はこれで鍋にしたいな」と夕食のメニューを考えている。
すると女性客が来て「ちょっとそのかにをみせて!」といわれる。指定されたかには渡り蟹で、半分に切られている。
透明の白い身がぷるぷるしている。なんとなくグロテスクな気分になった、それでもそれを手に取るとまだ生きている。
「げ・・・いきてる」と思った。
それからそのかにを女性客に渡す、女性客はそのカニではだめだったらしく他のものにした。

うう〜・・・・・恋愛&健康のことだ・・・・
対人関係でしょう?あ〜・・・・身に覚えがある・・・いかん・・・
その夢を見る前に、自分から波風を立てた・・・一石投じてしまったので・・・・あああああああ〜・・・・しまったぁ〜・・・・

kai (8月31日 15時21分)


久々に変な夢を見ました。
巨大なイカが宇宙を(叉は空を)泳いでいる夢です。

夢民(恐怖体験) (8月31日 21時14分)


今日は現実でさんざんな目にあってます。
それは、朝4時頃のこと。
私が寝ていると、足の上をモゾモゾと這い上がってくるものがありました。
目が覚めた私は「おや?」と思い、「それ」を手で払い除けると、「ぽとっ」と音がしました。しかし、あまり気にとめずにまた眠ってしまいました。
しばらくして、起きなくてはならない時間になります。もちろん、いつものように起き上がり、支度を始めました。
そして、壁掛けの時計を見やったその時私の視界に入ったものは!
なんとそれは体長3〜4センチあろうかという、それはそれは恐ろしい一匹の**ブリ!!ちょうど壁と天井の境にへばりついているではありませんか!
私は脳ミソが一周してしまいました。さては、あの時足を這い上がってきたものは。。。
そして、あの、手で払い除けたものは。。。!!
うわわわわ!

というわけで、帰りは速攻マ○キヨへ。
もう、最悪。。。昨日の夢といい、今日の現実といい。。。**ブリ大嫌い!でも雷はもっと嫌い!というか苦手です。
遠くでゴロゴロいってるときは大丈夫なんですけど、あの、モロ落ちた!っていう、メリメリバリバリ系の音がダメなんです。

MINE (8月31日 21時20分)


恐い夢をみた。
荒廃した町中で一人の少年をみつけてしまう。逃走中の彼は、私がみつけたことで追手に発見され、捕らえられてしまった。
その後、私はガラスの箱の中に映る光景をみつめる。その中では、少年が捕まった後の情景がうつっていた。
暗い部屋のなかで、白い和服をきた男性たちと、白い和服をきた少年がいた。
少年の額には、長い大きい釘がささってる。まだ死んではいない。うつろなひとみには何もうつしていないかのようだ。
少年は、台座にしばりつけられている。男性たちは、様子を見守っている。
彼は殺されてしまう感じがして仕方がない。そんな風景に、私はガラスの外にいながら何かを叫んでいた。
不意に、台座が勢いよく起き上がり、少年は壁にうちつけられてしまった。
軽くしかささっていなかった釘は深々とささったであろう。
そして彼は死んだであろう。
その瞬間をみとどけなかった。私は目をつぶってしまった。
自分が少年を発見したばかりに・・・と後悔する、そんな夢。

Riu (8月31日 22時20分)


今朝方みた夢でなのですが妙に気になったので聞いて下さい。

実家のお仏壇のとなりには小さな金色の観音様をおまつりしているのですが
ふとみると、その観音様がつつつ・・・と動いているのです。
あれ!と思って見るとやがて止まりました。
不思議に思ったのですが他の部屋で用事をしていました。
そしてまた仏間に行くと、今度はその観音様が4つに割れていました。
「なんてこと!!」と思い、私はその観音様に向かって目を閉じて「どうかお静まりください」と必死で拝みました。(なぜ「お静まり下さい」、なんだろう)
目をあけると観音様はまた元通りになっていました。
そこで目が覚めました。
こわいとかいう感じのする夢ではなかったのですが
普段たいせつに思っている観音様だったので何となく気になったので書き込んでみました。
カラーのゆめです。

みなぴょん (8月31日 23時18分)


昨日変った夢をみた。
釣りをする夢なんだけど、なぜか しま鯛。(笑)
足の踏み場がなくなるほど何十匹も釣れた夢だった。
しかし、なぜ、しま鯛なんだ???今まで海釣りもしたことないのに・・・。
初めてみた釣りの夢だった。

にゃーこ (9月1日 0時33分)


今日の夢ー『電話』
中学の時に引っ越した親友から電話がかかってくる。
連絡を取っていたのだけど、ある時から音信不通になっていたので、うれしくてしょうがない。
ユカちゃんは看護婦になったと言う。
いろいろ楽しく話して、今度一緒に会おう、と約束して、目が覚めた。
夢でした。悲しくて泣いた。

あゆ (9月1日 0時56分)


最近彼氏に一方的に捨てられてしまいました。

その夜に見た夢なのですが、会社の人たちとどこかに行くのですが、私も行っていいのかどうか迷っていたら、最後にある人と二人だけになったとき、その人が「行こう」と皆に気づかれないようにそっと手をつないでくれました。
すごく意外で、でもうれしく、手が暖かかったのを覚えています。

実は以前も失恋した後くらいに、握手、というか手をひいてくれる夢を見て、やっぱり意外だとおもいつつもうれしかったことがあります。

おぐ (9月1日 9時10分)


今朝の夢
●私は巨大迷路を複雑にしたような、アドベンチャーゲームの中に入り込んでいる。
次にどのルートを行こうか迷っていると、同期のN君から、携帯にメールが入る(現実には私の携帯にはそんな機能はない)。
手描きの絵がたくさん入った、楽しいメールだ。N君の自画像似顔絵なんかもあって、そっくりで微笑ましい。
発信者欄に、キャッチフレーズ付の名前が表示されていて、それが彼に似合わない男くさいキャッチなので笑ってしまった。
久々に話したいと思って、折り返し電話を、と思うが、なかなかかけられない。

以上。
電話と手紙の間のような印象でした。
誰かから急な連絡が入るのか、気持ちが伝わらないのか...後者のような気がします。

みゃー (9月1日 9時35分)


今朝の夢
同じ会社の男の人とどこかの地べたに座っている。
周りには、やはり同じ会社の女の先輩達がたくさんいるのに、彼は私を後ろから、かかえるように抱きしめてくる。
「みんなが見てるよ」っていうと、彼は「見られたって平気だよ。キスもできるよ」という。
でも実際にはキスはしてこなかった。
*************************
実は、用事があって私を夢の中で抱きしめていた彼に電話をしたんです。
でも彼は会社の送別会に参加をしていて、用事が伝えられなかった。
だからかなぁー、こんな夢を見たのは。

今日のわんこ (9月1日 9時44分)


や〜っと思い出せるようになった今日の夢

東京?で人が混雑した駅の切符売り場にいます。私は120円の切符を買いました。
隣のおばあちゃんがオロオロしていて、切符の買い方がわからないみたいだったので、教えてあげました。
その後、そのおばあちゃんとデパートに行き、食料品売場で、和菓子を探しました。
とてもかわいい和菓子があったので、和菓子を買いました。
デパートを出るときは、何故かNHKの連ドラに出ている「たけちゃん」と一緒にいました。
デパート出るときに、携帯が鳴り取ると自宅からでした。(内容は思えていないけど)
電話を切って、たけちゃんと「さ〜出かけようか〜」と言ってたけちゃんが持っている自転車に二人乗りしました。
場面が変わり広い家?の2階の階段踊り場から下を見下ろしました。
すると友達の妹が「引っ越してきました」といって荷物をおいてました。
よく見ると女の子2人が遠くの方で遊んでいて、階段下に籠に入った赤ちゃんがいました。
「こんな所に赤ちゃん1人で大丈夫?」と思って階段を下り、籠の中にいる赤ちゃん(女の子)を見ていました。
だっこして安全な所に連れていった方が良いのかな・・・と思ったところで目覚ましが・・
※※※※※※
おばあちゃんとデパートの和菓子は仏壇にいるおばあちゃんが「買ってきて」と言ってる気がする。
自転車2人乗りと、携帯と、120円切符は良い感じがするのだが。
なんか良いことないかな〜
赤ちゃんは良いんだけど、「子供2人が遠くで遊んでる」・・・良くないですよね。早速今日仕事で予定変更があったのですが、それくらいで終わって欲しい。
赤ちゃんと子供同時に出てくると意味は変わるのかな。悪いところはお祓い〜
夢民さんの体験・・・こわい・・・

古やっこ (9月1日 10時56分)


最近間違いなく夢は見ているんだけど、憶えていられない。
憶えていてもイメージばかりで、ストーリーにならないとか...
でも、今朝の長い夢の中で珍しくワンシーンを憶えていたので書いておきます。

朝、洗面所で顔を洗うのに髪を束ねようとするが、縛るゴムの輪が中途半端の大きさでどうしてもうまく縛れない。
二重に巻くにはきつくて巻けないし、かといって一重だとゆるくて落ちてしまう....。
それでも二重にしたり一重にしたり、何度も何度も繰り返して何とか縛ろうと苦労している。(でもやっぱり縛れない...会社に遅れちゃう〜)
ふと見ると、前面の大きな鏡の左上に、黒い虫が3匹歩いている。(ぎゃ〜)
大きさは1.5cmくらいで、カブトムシのような形だが角の先は尖っている.....

次の場面は、慌てて家を出たところ。私の他に友人(?)2人が一緒だった。
通りすがりのバス停には人が少なく、あれ?と思って時計を見るといつもより1時間も早い?!
でも一緒にいた一人は「あたし遅れるから先に行くね」と急いで行ってしまった。
うーん、今の状況をあらわしているのだろうな、やはり...

いぬぱっこ (9月1日 12時05分)


夢。
最近ウクレレ関係多いわ。
昔の木造の校舎のような所。
誰かが青いチョークで木の床に「ちょんちょん」と印を付けている。
そこが立ち位置らしい。でもそのちょんちょんは異常にくっついているので隣の人と方がぶつかり合う。かなり窮屈だった。
みんなでウクレレの合奏をするらしい。
先生は高木ブー&猪俣公章だった。
いきなり聴いたこともない曲の合奏が始まる。楽譜ももらってない。指が全然動かない。
私は、隣の人と肩がぶつかり合うのと自分が弾けない事にいらだちを感じていた。
私はブー先生に、「楽譜だけでも見せて下さい。」と頼んだ。
ブー先生は、茶色く変色した古い楽譜の束を見せてくれた。
楽譜のファイルを開くと中に青い皮の表紙のシステム手帳が挟んであった。
これ以上見てはいけないような気がして、ファイルを閉じた。

全体的にセピア色だった。セピア色の木造校舎がノスタルジックだったな。