いぬぱっこ (9月17日 11時21分)

彼の車に乗っていた。ジャングルのように木が生い茂っていて太陽の光も届かない様な細い道に入った。一瞬にして真っ暗になった。
よく見ると果樹園?上を見上げると葡萄園のようになっていてトロピカルフルーツがたくさんぶら下がっていた。
人間の頭二つ分くらいありそうなパパイヤが私たちの車のうえでぶらぶら揺れていた。
まだ少し青いようだった。
どんどん進んでいくと、トラックの荷台で果物の収穫作業をしている人たちに出会った。
トラックの荷台にはまだ緑色で固そうな葉っぱ付のレモンが2個と、下の方だけ黄色くなった巨大パパイヤ、見たこともない球体の果物(夢の中では椰子の実だと思っていた。)
それとアルマジロのような果物(ジャックフルーツ)がごろごろのっかていた。
彼は車の窓を開けて収穫作業をしている人たちに「こいつ食ってみたいらしいんだけど、ここで食べれんの?」と私のことを指して言った。
一番年輩のおじさんはここではたべれないので 売店にいったほうがいいと言った。

私はいつの間にか車から降りていて、収穫作業を眺めていた。
誰かが私のシャツの袖を引っ張った。振り返ると、一番若い優しそうな感じのお兄さんが巨大パパイヤと果物ナイフを片手に持って目で合図をした。
私はお兄さんについて行った。トラックの陰の方に木で出来たテーブルがあった。
テーブルの上でお兄さんがパパイヤを2つに割ってくれた。
トラックに乗っていたような青っぽいパパイヤでは無かった。
お兄さんが2つに割ってくれたうちの向かって左側は真っ赤な果肉で熟れ熟れだった。
向かって右側は黄色い果肉だった。
甘くて美味しかった。真っ赤な果肉の方は口の中でとろっと溶けた。
私はお兄さんに「どうしてあのおじさんは食べさせてくれないの?」と聞くと「昔はここでみんなに食べさせてたんだけど、食べカスとか皮がゴミになるから」と言った。
いつのまにか隣に彼が座っていた。頬杖をついてお兄さんの話を黙って聞いていた。
彼は巨大パパイヤを食べなかった。

どっかの民宿で知らない女友達4〜5人でだらーっと座っていた。
私たちは口々に”自分の行ってみたいところ”について話していた。
民宿にはエスカレーターがあって、私は1人で階下に行くためエスカレーターに乗ろうとした。
民宿の従業員のような人が一生懸命エスカレーターの1段1段にスコップで人工雪をのせていた。
私は下りながら足許の雪を拾い「これって人工雪だよ、粒がこんなにでかいもん」と言っていた。

もんち (9月17日 12時26分)


今朝夢
飛行機にのるために、ゲートでチケットを購入する。
かなりの人が並んでいるので、購入できないかもしれないなーと思いながら並んでいたが、飛行機に乗ることができた。
しかも、出入り口に近い席だったのでラッキーと思っていた。
先頭のほうに友達が並んで先に飛行機にのったのだが、彼女は奥のほうの席につき、私は後で並んでよかったと思う。

夢2
学校で、席がえをした。
私の席は、廊下から3列目の一番後ろの席だった。
私の席の周りには男性ばかりだったが、とても楽しい人たちだったので、この席を気に入った。
私の机はとても大きく、なんだかしっくりこない。
それで、隣の男性が「自分にあった机に換えたほうがいいんじゃない」といって、私にあった机をもってきてくれた。

私のここ3日の夢を判断するとどうやら人生の転換期を迎えているような・・・勝手にそう思うもんちだが、どうなのだろう?

waka (9月17日 13時56分)


一昨日の夢「猫」
新築のおうちにいるようだ。(でも全然できあがり感はちがう)
猫が数匹家の中にいて、アメショがとってもかわいい。
横にうす紫の猫もいるが、そいつが狂暴で、首根っこをつかんで、外に追い出そうとするが、私の手につめをたてて、なかなか離れなかった。

今日の夢「ボヤ神社」
ちょっと変った形の神社があるようだ(はっきりはみていない)
そこで火事騒ぎがあったもよう。少し焦げただけのようだ。

「ちゅー」
突き出た岩の下で、彼の会社の先輩から告白されて、ちゅーされた。
***この先輩は昔、私の夢の中で妊娠して子供を産んだ人だ。
2度しか会ってないし、頭も良くてとってもいい人だ、とは思うけど全然好みではない(向こうもそうだろう)何故、夢に出てくるのか謎。

思い出した。
そういえば、現ナマみた。日記か何かの分厚い本に札が数枚はさまってて「ラッキー」って手に取る夢。
実際は、タダの紙切れが混ざってたのでそんなに大金ではなかったと思った。おはらいじゃー。

ryoichi (9月17日 14時43分)


それにしても、皆さん色々な夢を見ていらっしゃるみたいで、ここ数日毎回同じ舞台で連続ものを見ておりますryoichiとしては肩身が狭い思いがいたします。
ちなみに。

昨日は、先般の場所で遊女にお付きの女の子(?)になっていて、8畳くらいの粋な床の間があるお座敷で、回廊に出る明かり障子の引き戸を開けると、いつもの坪庭ではなく、カラクリ屋敷のように別世界がひろがっていて非常に驚いた、という夢でした。

それまでの江戸期色町と大正期ロマンが混在したような風景からがらりと変わって、田舎の田園があっったので、困った末、外には出ずにまたお座敷へ戻りましたが、その後のことは覚えておりません。
夢の中でその場所から、別の場所へ行ったことはなかったので、目が覚めてからも少し驚きが持続しているような感じでした。
今はやはりそのまま外に出れば良かったのかもしれない、と後悔。夢のことを後悔するなんて、おかしいかもしれませんが・・・

nini(9月17日 16時40分)


今朝の夢〜
ジャージ姿で@と私がいる。
で、いきなり@から手をつながれた。びっくりして@の顔を見るとにっこり微笑む。(どうしたのだろうか??)といぶかしく思う。
それから二人で学校かどこかを抜け出した。
バスがあったので、停車中のバスに乗り込む。
行き先が違うようだが、途中で降りても問題ないということでそのバスに乗る。バスには運転手と@と私と見知らぬ男性がいた。
私達以外の人間は無愛想だった。
バスを降りると、田舎の教会らしき場所にいる。礼拝堂中にいた。
それから、私はなぜだか@と一緒にいたくないような気分になる。たぶん、不安を感じていた・・・
そこから出ようとするが@が離してくれない。
気がつくと、ウォータースライダーのような滑り台があり水着姿になっていた。私は@とその滑り台を降りる。
その前後どちらかで、嘔吐した。それから、教会の礼拝堂に戻ると、布団があった。
その布団に@と潜りこんだ。それから@とえちをした。
やたら、@がニコニコしていた・・・

うう〜・・・体の具合はあまりよくないが・・・
今の人間関係で、ちょっとストレスがたまっているようだ
たぶん、なんとなく今の人間関係に引きずられて流されているけいこうがあるのかもしれないなぁ〜・・・たぶん、無理してるんだろうなぁ〜・・・・

さて、いつだったか、子犬を拾う夢を見ました。
その夢の後、チャットで男性二人と仲良くなりました。
いや、変な意味ではないが・・・どちらも自分より年下ですが、いろいろと相談事や何やらと会話をしていますが・・・・
どうも、子犬の面倒で大変だったように、なんか・・・・厄介なことがらを抱えている二人なので、実際、辛いものがあります・・・
ああああああああつかれたぁ〜

ゆめこ (9月17日 18時36分)


階段をひたすらぐるぐる駆け足でおりていってました。
そこでしらないおとこの人と会ってなにか話をしていて、いつのまに高校生になって制服で街をあるいていました 

サンゴ (9月17日 19時45分)


こんばんわ!!!あたしが今朝見た夢を聞いてください。

舞台は海で4人くらいで、海の中に入って沖のほうからくる波を波に飲まれないようにジャンプしているんです。
結構高い波で鼻に水が入りそうになりながらも、もっと沖に行こうとしていました。
4人の中の一人は現実の友達の友達(全然見たことない女のコ)だとあたしは自分の中で理解しています。
波が高すぎて海の底が見えそうなくらいです。

桃の井りりく (9月17日 20時20分)


お久しぶりです。地道に頑張っています。昨日、おとといと、沢山夢を見ました。

お茶の水博士のようなおじいさんが、ヨーロッパ辺りから巨大な鳩に乗ってやってきて、日本の少年に赤いバラの花束をプレゼントする夢です。
夜のうちに雲の中を飛んで、朝方少年の部屋のバルコニーにそっと置いてゆくのです。
少年が起きて花束を見つけ、飛び去ってゆく鳥を見て「ピジョン・・」と言ったところで目が覚めました。
もう一つは、狂った男が女性(外国人)二人を閉じこめ、ハンマーで身体をバラバラにしていく夢です。両腕を切断され、(そんなに血が流れるのは見えなかった)まさに首を落とされようとしたとき、別の二本の腕が現れて、男を羽交い締めにしたのです。最初切られた腕かと思いましたが、 たくましい男の腕だと分かったとき、「神の見えざる手だ・・!」と思いました。
女の人の一人は逃げて、腕もいつの間にか戻り、家庭を持つようになっていました。家の周りには柵があり、結界のようでした。
しかし柵をあけてしまったので、男は怨霊となってやってきて、その女性を殺そうとするのです。
女性は家族と一緒に家から出て、逃げるところで目が覚めました。この夢の合間に、ピンクのパジャマを買う夢、姉から光っている四つ葉のクローバーをもらう夢を見ました。

おぐ (9月17日 21時39分)


いま、全「夢バンク」から、自分の夢をコピーして、「おぐの夢バンク」をつくってみました。
けっこうすごい量。
何日かにわけて、コピーしたんですけどね。
これから読むんだけど、わくわくします^^

りょう (9月18日 3時03分)


・・・今日のコンパも不発でした。なぜいつもこーなの!!!

さて、今日の夢は、げーのーじんの高島(弟)さんが出てきて、豪華客船の中を案内してくれるという夢でした。
もういたる所に客がいた。で、高島さんが疲れないように気を使ってくれて、運転室まで連れていってくれました。
梯子を登った先にあるというので一生懸命登ろうとして、高島さんも私のドレスの上からですが、お尻を押してくれるのに、ふと何故か、怖い!と思って青ざめて降りてしまいました。
場面が変わって、私は車の中にいて高島さんが運転していました。
高島さんが、優しく、まだ早かったんだねとか励ましてくれました。
車は坂道に差し掛かるというところで目が覚めました。

コンパはちょっと不服だったものの、高島さんに夢の中でですが優しくエスコートされたのでプラスマイナスゼロとしよう。・・・では、おやすみなさい。

小姐 (9月18日 5時41分)


今、香港で働いているんですが、香港にきてから、よく見る夢があります。

毎回シチュエーションや登場人物が多少変わるんですが、7カ国くらいの人が集まって、みんながそれぞれの母国語を使って会話していても、みんなが理解しているんですよ。
たとえば私が日本語で話したことをほかの人は理解できていて、受け答えをしてくれます。
で、だれかが話した言葉は、私の頭の中では、自動的に日本語に翻訳されてインプットされます。
ちなみに、実際の私の母国語はもちろん日本語で、その他に英語と北京語と広東語は日常会話程度ならわかります。でも、夢の中では、みんな万能!私も万能!
これは、私の「そうであってほしい」という願望が夢の中にあらわれただけなんでしょうかね?
・ポイント
願望というより、そちらでのコミュニケーションが比較的うまくいっていることを反映します。

まるまる (9月18日 10時28分)


昨日の夢>
ホテル。リゾートっぽい。
他の人とドレスの色が同じようなマゼンダだったのでかえようと思う。
他の部屋にたくさん衣装があるので選びに行く。
一昨日となんか印象が繋がってる。
おはらいのおかげか、生師匠のパワー吸い取ったからか悪い感じはしないぞ〜(^^

すみれ (9月18日 11時05分)


おとといくらいに見た夢で、人皮でできたキムチを食ってた。
首から頬にかけての皮で、うげ!と言ったら周りの人に「気がつかなかっただけで、みんないつも食べてるやつやで」と言われた。そのあと白菜キムチも食べた。
白菜をびろーーんといみもなく広げて、眺めてた。