まりこ (9月18日 12時40分)
最近、よく人に襲われる夢を見るんですよ。
相手は知ってる人だったり知らない人だったり。

koba (9月18日 12時56分)


ちょっと前すごく不思議な夢を見ました。
空が七色に輝いていて、きれいな緑色の池があって、その池の上をはしる夢でした。
パステルグリーンの蝶やモルフォ蝶もいました。
夢から覚めた後、「あの世からお迎えがきたんか?」と思いました

アイスコーヒー (9月18日 23時33分)


はじめまして。私、一日位夢を見ずにグッスリ眠りたい!ってほど、毎日夢を見ます。
私の夢は、宗教っぽいのが多くって・・・でもぜんぜん恐く無いんです。
例えば・・・・・
・寝ている私の眉間から金字で天という字が浮かんででてきて、その字からキラキラと光が降りてきて、その下に何体かの仏像が、座ってるゆめ。
・すすの様に真っ黒くかちかちになった死体を抱き上げて、お話している夢。 ・神社や、お寺が金色のゆめ。天女の夢。etc・・・
最近は、仙人が私の事を占ってくれて「君は蠍座だね?・・だいじょうぶ!運勢は良くなるよ」といって、紙に書いてくれたものを私にわたしてくれたり、小さな古い教会の扉をあけると、目の前に痩せて少し髪が長い、ヒゲのはやしたやさし〜い顔の男の人がニッコリ笑って、「よく来てくれましたね。・・どうぞ上がって下さい」と言ってくれて、中に入って座ると、その男の人はただ笑って私の事をず〜と見ていてくれている夢。(後で思ったんですが、あの男の人キリスト様かな〜なんて)
何とも言えないゆめでしょ!?

べん (9月19日 7時45分)


今朝の夢。
刑務所に入っている。私と友達のふたりのほかは黒人の大人・子供ばかりだが、彼らの言葉は理解できる。
食事として配られるのは、もなかのようなお菓子。
そのもなかに刑務所の名前が英語で彫られており「○○少年刑務所」とある。
もなかが5個ほど配られ、「朝食はなしだし、昼・夕食に食べるとすると今回は2泊3日かあ」と日数を計算する。
もなかをちびちびかじっていると母が来て「これから毎年この時期にはここにお呼びがかかるよ」と言う。
私は「毎年かあ。春のこの時期は仕事もやる気がしないし、ま、いっか」と思う。

forest (9月19日 8時13分)


こんにちは。私は今アメリカに住んでいます。

昨日、飛行機みたいな大きな宇宙船で土星に行く夢を見ました。
そのあと、なぜか沖縄に着陸していて、広い海の真ん中に火山があって、私は海の中でオオサンショウウオの子供と遊んでいました。
その子ははじめひとりで遊んでいて、めちゃかわいくて、私は火山が噴火するまでずっと遊んでいたいと思っていました。
火山は一回だけ噴火しましたが、私が海にもぐっている間におさまりました。
もぐっているとき、ぜんぜん苦しくないけど、熱いと感じました。

すみれ (9月19日 11時24分)


マンションの部屋の中。
窓から外をみると、山あいに大きなミサイルの発射装置が設置されているのが見える。
とにかくでかい。これから戦争がはじまるようだった。
反対側の窓をみると、外は雪・・・かと思いきや、雪が制止した状態の不思議な空間で、雪のつぶ以外は真っ白で、何も見えなかった。
そこで私は体が重くなり、半金縛り状態だった。

スーパーのお弁当売り場で売られているカツ丼をひとくち食べる。
卵の香りと厚い豚肉(ちょっと冷めてたが)が、やたら美味しかった。

昨日の夢
壁が壊れたマンションの外に、キツネの親子が毛づくろいしている。
私は、部屋の中に入ってきてほしくなかったので、彼等がのんびりしている間に大小さまざまの油絵を壁になるように重ねて並べる。
キツネの子供が隙をみて部屋に入ってきたので、慌てて追い出そうとしたらあやまって殺してしまった。
キツネの親に気がつかれたら大変だ!と思い、途方に暮れている。

キツネって確か、経済的な事だというコメントがあったような。殺してしまったわよう!あーらら。
仕事に関係してくる事なのかな。困ったな。うーむ、うーむ。

おぐ (9月19日 20時04分)


昼寝夢の断片
●夜の公園に、母か女友達(どっちもいたような、どっちかしかいないような)といると、飛行機が低空飛行してきて、えっ!そんなところに降りるの!というような住宅街につっこんでいく。
もう1機来る。私は薮の中へ隠れようと思うが、いやそれより、はっきりとわかるところにいた方が、操縦席から見えてかえって安全だ、とも思う。
飛行機のことを「ロシア空軍機」だ、と認識していた。

●霊気が感じられる暗い屋外。
私に邪念がとりついているので、ある「霊気祓いコース」のような場所を完全踏破しなければならない。
何人かで踏み込む。おばけ屋敷のような感覚だが、ほんとうに怖い。
だけど私には「修業」のような感覚があり、恐怖を感じるたび同時に感謝の心がわく。
暗がりに小さな祠(鳥居としめ縄)が見えたときは思わず目をとじ、狭い岩窟を必死でくぐり抜けた。

●コースを無事通り抜け、外に出るとそれは美しいイロトリドリノセカイ。
迷路コースの延長上の壁が、色とりどりの石や玉でつくられている。
というか、置いてある。
直径7、8センチの縞の入った紅メノウや、ローズクオーツ、なにかグリーンの石、カーネリアン、見事な球体や無骨な石の形のまま、たくさんある。
「これって高いんじゃないの?」と誰か女性が男性に聞いている。

●よく見るとその女性は大貫亜美ちゃん、男性はグレイのTERUさんだった。
亜美ちゃんはレイヤーがたくさん入っていながらもタイトなショートカット。
「あなた、いつも好きな男に顔が似てくるよね」と私はアミちゃんに言う。

以上。
つけたし;「お祓いコース」の最中、「あ、槇原敬之...」という気配がありました。
飛行機墜落は大きな環境の変化だとかかな。
で、お祓いアスレチックの困難を乗り越え、碧玉の世界へ到達できる、という具合かしら。

ぼぶ (9月19日 20時22分)


気になった夢を2つほど書き逃げ。

○おとといの夢「イカ釣り」
釣りに行く。岸壁の設定のようだが、実際は屋内の釣堀のようなところ。
最初、手の平大くらいの茶色い魚を逃がしてしまったが、その後で30センチくらいのイカを釣り上げた。

○今朝の夢「補導」
小学校のようなところにボランティアか何かで仕事を手伝いに行っている。
図書室の前で、黒いパッケージに入ったタバコを見つけるが放っておく。
中に入ってみると、数人の小学生が丸机に座っている。
その内の一人の女の子が何気なく黒いタバコを吸っていたので、びっくりして止めさせる。私はその子を抱きしめて「そんなに若いうちから吸ってたら体の中が真っ黒になっちゃうのよ」とか何とか言い聞かせる。
するとその女の子は素直にタバコを消し、その上付けていたピアスまで自分で取った。
近くに先生たちがいて食事していたので、とりあえず報告する。
なかなか信じてもらえないので、図書館の入り口に落ちていたタバコを拾ってきて、「これです」と言う。

ちなみに「イカ釣り」の夢を見た翌日夜釣りに行きましたが、見事ボウスでした。

ほほ (9月20日 0時03分)


酔っ払ってとっとと寝たらとんだ夢見で2時間で起床。
うーーむ、まだ酔いが残る頭。酔いのせいだとは思いますが、なんか嫌な夢だったのでお祓い。

たぶん女の子ばっかりの団体で行動しているよう。その内ひとりがストーリーテラーになっている。
何か京都の有名なお寺とか、そういう系統の観光名所のよう。
彼女がご利益があるからと言って、古びた大きな黒っぽい墓の前で遺骨を燻すような所作をする。煙がたちのぼる。
私はなんだか怖いと思う。彼女は「すごくよく効くから」という。願望成就とかそういうことに。「でも、この中のひとりが自殺しちゃったらしくて人生を呪っているのよ」という。えええーーっ、めっちゃ怖いじゃないか?
その遺骨のような黒いものは5人の魂で出来ているらしい。
その不幸だったひとりの魂のために皆歌を歌っている。読経のような歌だ。
「法然ここにあり」とかいう文句だった。
歌詞はいくつかあるようで、彼女は別の歌を歌っていた。歌詞もメロディも違うけど輪唱のようにちゃんと調和していた。私も歌っていた。彼女とも違う歌だった。
紙をみて歌っている。何度もリフレインしてたのでメロディがちょっと残ってる。
歌詞は忘れた。歌謡曲っぽい曲だったが。
バックはずっと「法然ここにあり」だ。こえーーーー。

そしてトイレ。やはりなんとなく怖いらしい。鍵をかけるのに1回てこずる。
ドアの窓、正面にも窓、でも布がかかっていて外は見えない。
そこから何かが入ってくるような気がしてこわごわ用を足していた。

洋品店で黒のパンツを買ったよう。そこでも歌が流れている。
「3本買うとお得なレナウンは〜」という歌だ。すごくスリムなパンツのよう。
ウエストはがばがばに余っているが今空腹なためだからこのままでいいとか言っている。
正確な足の長さを計ってあげる、と店員が走って行く。
そのあとは習い事で、しかし天井が低くて手を上げると付いてしまって振りが出来ない。

あーもう、頭は痛いし、変な歌は耳にこびりつくし、ずっといろんな電話はかかってくるしで、 今日はとても変な日だ。あーめん。

影小町 (9月20日 9時43分)


どこかはわからないけれど、体育館のようなところで人が少し多めにいるところにいる(その中に従姉がいたのは覚えている)と、突然激しい雨が降ってくる。
布団を干していたのを思い出して、あわてて取り込みに行くとほんの少し濡れているだけだった。
今日、入院している祖父の容態が悪化したそうですが、何か関係あるのでしょうか?布団・雨 共に健康に関係あるようですし。。。

いぬぱっこ (9月20日 10時08分)



誰かのお葬式に行くらしい。見知らぬ女友達2、3人で葬儀場はどこだろうと話していた。
とりあえずタクシーに乗ることにした。
捕まえたタクシーには18歳くらいの女の子が3人乗っていた。
運転席にいる娘の胸には「運転手」助手席の娘の胸には「研修員」後部座席の娘の胸には「審査研修員」と大きく書かれたバッジがついていた。
3人とも上京したばかりであか抜けていなかったが、若々しく、愛想が良かった。
なんとなくいい友達になれるかもしれないと思った。
私は「3人なんだけど、乗れるかなー?」というと、後部座席に座っていた「審査研修員」が少し窓際に体を動かし笑顔で「大丈夫ですよ、どうぞ」と言ってくれた。
彼女たちはこの辺の地理が全く分からないらしかった。
私たちは口々に葬儀場の場所を説明した。
その説明はそれぞれ全く違った場所を説明していたらしい。
運転手は当惑し、私たちも困った。
結局どこの葬儀場か分からなかった。
誰かが、「東本願寺じゃなかったっけ?」と言った。
私も言われてみてなんとなくそんなような気がしてきた。
「あ、そうだったっけ?東本願寺っていってたっけ?」誰の葬儀なのかも全く分かっていなかった。

白木のフローリングの部屋。全体的にオレンジ色っぽかった。
壁一面に大きな窓があって、優しいオレンジ色のカーテンが閉まっていた。
窓の前に昔の黒電話がある。電話のベルが鳴った。母からだと思った。
妹が出ようとすると、切れた。
妹は電話の操作を間違えたらしい。一見昔の単純な黒電話のようだったが、電話に出る前に、どこかのボタンを押すらしかった。
私はもう母から電話がかかってこないかも知れないと思い、妹を責めた。
母からの電話はかかってこなかったが、母が「電話しなくても帰ってきたのーー。」と言いながらバッグを提げて帰ってきた。

くろねこ (9月20日 10時16分)


最近二度寝することが多くて、その間によく夢を見ます。
自然、会社に遅刻することも多くなるんですが・・・

今日見たのは、有楽町の某デパートで、某おしゃれ系洋服屋さんに入ったら、今、一緒にお仕事している広告代理店の女性がにこりともせず働いていたこと。
40代くらいの女性なのですが・・・。
自分は売っている洋服をフィッティングしたり、変だと思いながらも普通に買い物しようとしている。
で、しばらくしたら同じデパートの閉店セールの場面に切り替わってた。
エレベーターがいっぱいで、7Fまで階段で駆け上りました。(その場面はでてこないけど、そうしようとしていて、次の瞬間には売場にかわってた。)

後、8,9年前に見た夢なんだけど、がびょうで手首を切ろうとする夢を見たことがあります。
今までの中で一番印象に残っている夢です。

まるまる (9月20日 10時50分)


うおお、見てしまった!カレーの夢・・・(;;とほほ。

近所に少しカジュアルなインド料理のレストランがある。
中はインド人でいっぱい。
お料理をスプーンで食べようとしたら一緒にいた人が周囲のインド人にマナーが悪いと思われると いうので手で食べた。なぜか左手で。
ごはんやおかずを手で食べるのは慣れてない。
そこでニューヨークで仕事しているエリートのインド人と友達になった。