今日のわんこ (10月11日 15時05分)
こんにちわ・・雨降ってる寒い・・・やっぱり北国

今日の夢
汽車に乗ってパソコンショップにやって来た。
すごい広いパソコンショップで、パソコンを選んで買っている。
カードで払ったが、9/30を過ぎたので20万円以上だとカードの特典が利用できないが、このパソコンでいいのですか?
もう少しやすいのにしませんか?と言われた。
でも、高いパソコン(自分が欲しかったほう)を買った。
※※※※※※※※※※
買ったばかりのパソコンの事かな。20万円・・カードの特典が期限切れで使えない。
またお金かかるのかな。
今使ってきたばかりなのに。ねむい・・

ねね (10月11日 15時07分)


はじめてかきこみます。よろしくです。みなさん。
私は最近連日遊園地の夢を見ます。
楽しいんですけど・・・なんか毎日見ると気持ち悪いです。
園内を自動車で移動したり絶叫マシーンに乗ってたりするんです。
かわいい犬の置物のお土産を買ったりもしました。
駐車場に白と黄色のチューリップが咲いてました。
ここでいろいろ調べてます。(笑)

渚子 (10月11日 16時07分)


こんにちは。渚子です。
今日、何か、ハッピーな夢を見ました。
ずっと探していたものが、クローゼットの中からでてくる夢です。
何がでてきたのか、全然思い出せないのですが、家族みんなで大喜びし私自身も嬉しくて嬉しくてたまらなかったのです。
っと、いうところで、母に起こされてしまいました。
とりあえず、クローゼットの中は見てみたのですが、特に探していた、というものはないし、何か、いいことでもあるのかな、とワクワクしていたのに…。
人生そんなに甘くないとはこのことだね、なんて思ってみる、悲しい青春の1ページでした。(笑)
それでは、ごきげんよう!

つるべ (10月11日 17時46分)


はじめまして。私は現在、定時制高校に通う16歳の女の子です。
実は、ここしばらく、同じような夢を見ます。
現在、私には、彼氏が、いるのですが、夢の中で学校で、かっこいいと思っていた男の人が、もじもじしてるんです。
それで、私はその人が、私のことが好きだと解ってるんです。
すると、その人が、恥ずかしそうに「じゃあ、今日一緒に帰ろう」と言うんです。
次に見た夢は、夜に友達と遊んでいたら、3年前くらいに少しだけ会ったことのあるひとが出てきて、「めっちゃ好きやったんやで〜」と言うんです。
その後も、私を、口説くように言ってくるのです。
その人もかこいいひとで、そのひとが、私を好きだと、わたしはわかってたんです。
次は、私の知らない人だったんですが、夢の中では、以前会ったことがあって、また、「めっちゃすきやってんでー」と言って私を、口説こうとするんです。
最後は、小学校にときに、仲の良かった、男の子から、「好きやったのに」と、言われるんです。
この、男の人達は、嫌いな人じゃないので、嬉しかったのです。
でも、こう、何回も、続けて同じような夢を見ると、やっぱり、夢の意味が気になります。

すみれ (10月11日 20時53分)


今日の夢。
野原で忍者が誰かと戦っているのを見ている。
忍者は遠くの仲間に援護を求めて、薄い和紙でてきたような鯉登りに似たもの(うまく言えなーい)を、雲一つない青空に、凧のように飛ばした。
白地に黒で鱗の模様、ピンクと黄色と青色で適当な模様が描かれていた。
それが青空に少し透けて、なんとも涼しげ。

巨大な木が椅子に座っているような感じでそびえている。
幹は見えず、全てが長い葉で覆われている。葉は直毛のようで、緑色と栗色。
蜜がかかったように(なめたけっぽく)しっとりしていた。
「大きさが怖い木だけど、これは夢じゃないから新鮮だなぁ」と思っている。
その葉を束ねるようにして、コギャルの好きそうな花輪がかけてある。
その周りで加賀まりこ等の芸能人達が、手をつないで何かの新記録に挑戦している。
そして彼等は新記録を出すことができて、抱き合って喜んでいた。

10月なのに暑い日でした〜〜

いぬぱっこ (10月11日 22時44分)


昼寝をしたときの夢。
右足の人差し指にいつもしているリング。
夢の中でそれがきゅーーっと締まって痛い。
金属だと痛いので、リリアン糸で自分で作ろうと糸を買いに行く。
どこかのじゃりみちの広場を車でがたがた走る。
広場に停まっていたアメ車の赤いテールランプがみえる。
アメ車の横を通り過ぎて広場をでる。
大きな水槽が見えた。
水槽の中には2種類の魚がいるらしかった。
その魚は絶滅寸前の貴重な種らしい。
すごく奇麗な青い水。鮫のような魚陰がみえた。
水槽の後ろに大きな水のタンクが在ったと思う。
景色を見ながらリリアン糸はどこに売ってるかを考えていた。

目が覚めたときに、何故かゆったりと幸せな気分だった。
テレビつけっぱなしで寝てたから、何かの形で夢に影響したかも。
なんとなく、水に関係する番組やってたような気が・・こんなにゆったりした休日は久し振りだ。

ほほ (10月11日 23時48分)


脳のある部分に疾患がみつかり、病院に自ら収容されに行く夢をみた。
なんでもそれはまだ解明されていない疾患で、ヒジョーに難しい位置にあるため、手術が成功したことはないよう。
発病?するまでは皆元気なんで、病室の女性たちはまったりしていた。
でも皆死を待つ者たち。私もショックを受けていたが、受付では「会社の健康診断でひっかかちゃって」と明るく申告していた。
M森さんが「当面必要なものは全て揃えたから」とパジャマやスリッパなど上質で大量の入院グッズをパステルカラーのピンクとブルーの2個の小さいスーツケースにまとめてくれていた。

寝すぎで頭痛かったので、たぶん寝すぎを警告する夢〜。
でも起きなかったのでした(笑)
M森嬢、こないだも出演。なぜなぜ君。
とりあえずお祓い。ぱっぱっぱ。

ハズ (10月11日 23時59分)


今日の夢
1.台所でゴキブリホイホイに大きなゴッキーがつかまっている夢
2.会社で新しいパソで仕事開始、モデムの取り入れ口が見つからない
ようやく見つかり、何とか接続、繋がるが納得言っていない夢
たぶん2は仕事関係かな
方向性は見いだせたモノの納得言ってないモンということで、久々の書き込みでした。

もんち (10月12日 8時04分)


きゃぁーーーーいぬぱっこさんの夢にお邪魔したもんちは本物とは天と地だわっ。
だってぇーーー金髪なんて、私には似合わないし、赤い洋服も持ってないなぁー。
今度チャレンジしてみまーす。


小型バスにのっていた。
そこに妊婦2人がのっていたが、急に産気づいて今にも生まれそうだと苦しがっている。
私はなにもしてあげられず、ただあわてふためき背中をさすったりしていた。
病院につれていってあげたら・・・と言ったらあと5時間は生まれないよぉ。と言われ妊婦ふたりは「えぇーあと5時間もこの痛みがつづくの」と発狂していた。

バスからおりて、食事をとる。
その後宴会場にいき、テーブルにならべてある食事をみていた。
本当はここで食事をとる予定だったが、ここで食べることができなかったので、置いてあったデザートだけとって食べる。赤と白に果実だった。(二個づつ)
すごーく甘かった。

もとのバスへもどったら、バスはなくて妊婦もいなくて、どうやらバスにのって病院にいったらしい。
タクシーがとまっていて、これで行こうと話していたようだがこのあたりはタクシーがほとんどなくてこれ一台しかないということで、あきらめる。

ふう (10月12日 12時05分)


今日の明け方見た夢なんですが、なんてことのない夢なのに目が覚めたとたんものすごく気味が悪くなったので・・・・少し長い文章ですが読んで下さい。

高校時代の先生と大学時代の友達が卒業式に出ている場面が出てきました。
折り畳みのパイブいすが体育館にたくさん並んでいます。
私の後ろには高校時代の先生達がほほえんで座っていますが声はありません。
横を見ると、昔の彼と彼のフィアンセが妊婦姿で座っていていました。(私は彼のフィアンセに会ったことがありません)
彼女は私の顔をじーっと見ています。すると私の手に赤いメッセージカードがあり、中を見てみると会ったこともない人から3日以内に10回メッセージ交換をしたいのですぐに返事を下さい、というようなことがかかれていました。
女性からのカードだったのですが、宛先は男女両方の名前がかかれていました。
変だなと思っていると、階段から私の青いスニーカーを落としたので取りに行く、と親友がいきなり飛び降りたので、私は彼女の足を押さえて彼女を落とさないようにしたのですが、気がついたら彼女は下の方で泳ぐように宙に浮いていました。
でも私は彼女の足を押さえているのです。すぐに彼女の足を引っ張って引き戻し、危ないからもうやめて、といいました。
卒業式に参加した友達みんなで帰ろうということになり、私の家が一番近かったので、角を曲がって「バイバイ」とみんなに手を振ると、みんな気がつかないで行ってしまい、前出の会ったことのないフィアンセが、また私をじーっと立ち止まって見ていました。
ここで目が覚めました。

夢の色は全体的にグレーがかった感じで青いスニーカーと赤い靴、フィアンセの水色のギンガムチェックのジャンパースカートだけがはっきりとした色で印象的でした。
音はなかったような気がします。しゃべったことも多分声にはなってなかったと思います。
目が覚めたとき、どうして気味が悪かったのかどうしても知りたいので、何かコメントをお願いします。

古やっこ (10月12日 12時42分)


相変わらず、夢一瞬。
今朝の夢:
ホコリだらけの靴を磨こうとしている。くたびれてはいない。
黒のしっかりした革靴。(男物?)豚毛の歯ブラシのようなブラシで、ホコリを払っている。

あっ。いま次々と思い出した。
・仕事中、会社近くのセンター前のポストに手紙を出しに行く。
久しぶりに行ったのだが、センターの中は改装され1Fは本屋、地下は文房具店になっているようだ。ちょっと覗いてみたくなり、中に入る。
地下は結構広いフロアだ。ぐるりと一回りする。原稿用紙や定規などに目がいき、ほんとに文房具屋さんだ〜と思っている。
時間のかかった言い訳に何か買おうと思い、品定め。結局消しゴムを一個手に取った。
レジの向こうでは、何かを作る教室が開かれている。それも一回りして眺め、そろそろ帰らなくちゃとレジに向かう。(買ったのかどうかは不明)

1Fの本屋は変わっていて、実際の本が置いてあるわけでなく、表紙と背表紙を印刷した厚紙が並んでいる。(その紙をレジに持っていくと実物を渡してくれるようだ)
5,6冊分手に持つが、そんなにお金を持ってきていないことに気づき、また明日でも次の機会でもいいや、と思って今回は買うのをやめて元に戻した。
そこで友達数人と会う。Hちゃんが近くにマンションを買ったらしい。(夢の中では独身だった)すごく安くて10万円だったと言う。
「栄農高校」(実際には存在しない)のすぐそばのナントカという横文字のマンション。
何度か聞き直したがやっぱり聞き取れなかった。
そのマンションを見てみたくなって、行ってみる。栄農高校は、確か駅の向こうに少し行ったところだったよな・・・と思って歩いていった。
そのマンションはほんとに学校のすぐそばの角地に建っていた。ナントカという横文字のプレートがあり、たぶんここだと確信する。
マンションの入り口は若い女性が多く出入りしている。
マンションの入り口のある隣の面は会社が多く入っているビルになっているらしい・・・建設社を確認すると「桜井条建(記憶おぼろげ)」とかいうところだった。

・広い白っぽい仕事場(?)で、皆黙々と仕事をしている。
大学の研究室のメンバー。
先輩のY子さん(優しくていつもニコニコ可愛い方)が入ってきて、ちょっと遠くの方の自分の席についた。
とても久しぶりだったので、挨拶に行った方がいいかな、と思ったが、仕事中に席を立たない方がいいと思いやめた。
すると、別の先輩(姉御肌のH沢さん?)が「挨拶ぐらいしなさーい」と叫んだので、あ、いいのか、と私を含め同期の子たち(10人くらい)が、わらわらとY子さんのところに行き、嬉しそうに挨拶をする。
ひととおり挨拶をした後、みんなで写真を撮ろうということになり、みなカメラの方を向いて、ポーズ。(壁側に並んでいるのを斜め前から撮るかたち)
「ハイ撮るよ〜」とは言うが、なかなかシャッターが切れないようだ。
隣(うしろ?)にいるHちゃんとちょっとおしゃべり。
あれ?そういえば私たち黒い服を着てる人が多いね〜、なんて話をしている。(私もHちゃんも黒い服だった。他にも数人・・・)
フラッシュは光らなかったが、撮れたようだ。(ほんとに撮れたの?と聞いていたけど・・・)

一瞬のつもりが、長くなってしまった...。^^;
Hちゃんがよく出てきたなあ。なんでだろ〜(普段はほとんど交流がない)
書いてみて気づいたけど、白っぽい部屋と黒い服...これって白と黒の組み合わせになるのかな...? 悪いことだったら、お祓い〜!!

いぬぱっこ (10月12日 13時05分)


夢1。
妊娠しているらしい。2ヶ月から3ヶ月。
お腹はまだ出ていなかったが、やけにお腹をかばって行動していた。
子供の父親はよく分からないが、可能性のある人物は2人だった。
両親は私の妊娠を知ると、すごく喜んだ。(相手も分からないのに)

日当たりのいい木造の一軒家で私は生活をしていた。
ずっとお腹をかばっている。
居間のような部屋に大きな窓があって、外が見える。
すごい勢いで2台の車がツルんで家の前に止まった。
父親の可能性のある人物2人だった。
彼はワインレッドのアコードワゴン(現実も)同級生は白のレビン。
私は、2人分のお弁当を作っていた。
兎のかたちをした油揚げにご飯をめいっぱい詰めている。
それを2つ合わせると、かわいい兎いなり寿司になった。
すごく良くできたので、私はご満悦だった。
お弁当箱に詰めて、2人に渡した。
お腹の辺りが少し重く感じた。妊娠してるんだなと実感した。

夢2。
夏の田舎の舗装道路を自転車で走っている。
先頭には黒人の女性がいた。後ろを振り向きながら私に話しかけてくる。
彼女は、ジュースを飲みに行こうと言った。
私は彼女のあとについて、道路を横断した。
後ろから、ヘッドホンをして、自転車に乗った黒人男性が私たちを抜いていった。
抜かれ越しに、かるく挨拶した。
しばらく走ると、田舎の雑貨屋さんのようなところで止まった。
店にはたくさんの瓶に入ったジュースが売っている。
彼女が私のジュースを選んでくれた。
緑色の瓶に入ったレモンソーダかジンジャーエールだった。
中年の女性が店中をうろうろして、何か探していた。
彼女は、先程ここで買った桃ジュースが腐っていたので、原料チェックに来たらしい。
店の裏に回って、ドラム缶のようなものの中身を調べている。
ドラム缶はさび付いていて、雨水のような液体が入っていた。
彼女はそれを発見して、店主に文句を言っていた。
私は、「みっともないからやめなよ。さっき飲んだんだからそれでいいじゃない!」と言った。

ころ (10月12日 13時34分)


お金を拾う夢を見た。

かのん (10月12日 13時39分)


夢。
パラレルワールドにいる。なんかすさんだ感じ。
第三次世界大戦後みたい。

高校生の就職活動を見守っている。
変な職に就こうとしているから止めたら「こんなもんだ」と言われる。
じゃあ自分は?と 競馬の予想やさんのような就職カウンセラーに「四大出の文系」と言ったら、「風俗くらいしかない」と言われた。
他にはないのかと聞き直しても、同じ答え。

ほー、そうなんかー、高卒の方が有利なんだ。と思った。あたしって、学歴にこだわる女だったんだな。
職種にこだわる女だったんだ。嫌なヤツだ。
この夢見て4時半に目が覚めてしまいました。