wakako (6月9日 0時18分)
今まで来れなかった分の夢の書き溜め〜。
5月の中頃に見た夢ですが、
私はどこかの部屋にいて、ドアから焼死した人の霊が私の方へきます。
私は恐くて恐くて、部屋の隅で固まっています。
背広姿の男の人(知らない人)が私を背中にかばってくれるのですが、霊が私たちの真ん前に来た時に、あっけなく、男の人は気絶してしまいます。
その霊は気絶した男の人越しに私の両腕を掴んで私を連れて行こうとします。
このままでは、連れて行かれる!と思った私は「天にかえれ!」と叫びました。その途端、霊は消えました。
後から、誰かと話をしてるんですが、「あの霊は、除霊したの?」と聞かれて、私は「ううん、すっ飛ばしただけ。まだどこかにいると思うよ」と、答えました。
久々の恐かった夢。めったに恐い夢、見ないのに。
なんせ、火事で亡くなった方という設定なので、顔が通常の状態じゃなくて・・・。
なんか、こうやって改めてここに書いてると、最近私が見てる夢って、やばくないか?
たまには、すかっと爽やかな夢がみたい(涙)

ましゅまろ (6月9日 3時03分)


変な夢を見ました。巨大なウナギ犬に追いかけられる夢・・・。
どどどど・・・とすごい勢いで笑っちゃうほどびびりました。
これは巨大な魚の夢とは違いますよね?くすっ。

しのぶ〜 (6月9日 9時26分)


珍しく夢を覚えていたので忘れんうちに・・・。

今朝の夢。
1.電車に乗り遅れる。
1時間に数本しかない電車に乗るべく友達と猛ダッシュをかけるが間に合わず、仕方がないからホームでお弁当を食べる。

2.子供の事故死。
何人かの子供が「網のようなものでできた高い所」遊んでいて、1人の子が自分が笑う振動と、別の一人に軽く肩を叩かれた拍子に網状の滑り台のようなものを誤って滑り落ちて死んでしまう。

3.前の夢の続き。
子供の死体が網に包れて見える、学校のグラウンドのような所。
敷地内にある寮の部屋。4BedRoomで、私は新しい目覚し時計を持っているのが密かな自慢。同室の1人は、野口五郎バリの昔のアイドル系の顔立ち。
グラウンドにいると大きなテレビが運ばれる。
そのテレビを挟んで反対側にいかにも現代っ子といった風な格好いい男の子が座る。
テレビ画面に浪曲のようなものが映り、しかも私はそれを知っていたので一緒になって歌う。彼も歌う。
そのうち大人たちが変なお祭りのようなものを始める。
火縄かローソクの火のようなもので、自分のタバコに火を付けた。
高台にある寮から麓まで行かないとならないのに、自分よりも大きくて獰猛な犬が恐くて近道ができず、わざわざ階段を、恐る恐る降りる。
降りながらも犬と会話ができ、からかわれている。「この鎖は長いから、そこまで届くんだぜ」とか云われて。
でもこの牙の大きな、涎の垂れまくった犬が、本当は優しいのも知っている。犬をどうにかやり過ごし、階段を無事に降りてから、雨が降り出した。
犬が大切にしていた目覚し時計が防水加工を施してないものなので「雨に濡れたらダメになるからしまったほうがいい」と教える。

なお (6月9日 9時43分)


今朝の夢:
順序ゴチャゴチャでよく覚えていないが、出演者を書いてみよう。
1. 妊婦。その臨月のおなかをさする私
2. 祖父母(祖父は既に他界)と両親、弟(弟のみ15年前の姿)と外食。中華系で炒飯ぽいのと魚料理だった。父のポロシャツが妙に悪趣味だった
3. 上の食事の席に何故か見知らぬ外国人(白人、金髪、青い目)の子供が2名。
以上。
1. には何か意味がありそうだが・・・!

MISA (6月9日 9時58分)


はじめましてです。
よく夢を見るので活用させてもらってます。
今日の夢になぜかお葬式でした。誰のお葬式かわからないのですが、かなしくて泣いてたら、抱きしめもらい、目が覚めました。
お葬式ってどんな理由あるのかしら?
・ポイント
「夢事典」参照。多くの場合、正夢ではありません。

かのん (6月9日 10時15分)


とりあえず今朝の夢〜
沢山の靴があります。運動会のテントが沢山並んでいて、靴がたーーーくさん〜〜〜
その中から自分の靴を探しました。みつかりっこないなーと思いながら、、、
そしたら、履き慣れている紫の登山靴(運動靴代わりに履いている^^;)が見つかりました。
見つかったからよしとするわ。

まりあ (6月9日 10時19分)


昨日、夜のバイト先でのお話〜
一緒に働いている子がうれしそうに夢の話をしていた。
「昨日、○○(アメリカの俳優)と結婚式の夢をみたの!きゃー、ドレスきてたのしかったの!」って。
わたしは、「ドキ」としたが、だまっていた。
実は、彼女は婦人系が弱く、今月末に再手術をすることになっていた。
医者の話では、80%悪性だといわれてるらしい。
わたしは、なぜかこの話を思いだし、胸が痛んだ。

みるみる (6月9日 10時33分)


初めまして。
きのう失恋しちゃって(相手は、誰とも正面から向き合わない、という趣味なんだそうで、いわゆる二股三股状態だった)誰かに聞いて貰いたくて登場してみました。
昨日は眠れなくて、
やっとうとうとしてみた夢は、ひとりカヌーに乗って森の中の小川を進んでいく、というもの。
森と水はきれいでした。
失恋の相手は、その二股三股をやめる気はない(みんな大事)そうなんで、私としてはどうしたらいいか思案中です。
世の中には理解できない人がいるもんですね。
・ポイント
きれいな森と水。カヌーは孤独とバランス。夢主が自分の状況を客観的に把握しています。行き先は自然に見えてきます。

古やっこ (6月9日 11時40分)


まりあさん、
バイト先の子のお話...私も読んでてドキッとしました...

私の母は10年ほど前に子宮がんで手術をしたのですが、母の場合、白蛇が首に巻き付いて頭をこちらに向けシャーと口を開けた夢を見たそうです。
第6感(?)の鋭い母は、命に関わるなにかある!と直感し病院へ行きました。
するとかなり末期の子宮がんと診断されたんです。(子宮筋腫とかごまかす医者につめ寄って直接本当の病名を聞き出した母はすごい...。)
当時は「がん」といえば「死」を意味していましたが、いま母は気力で生きてます。(^^;
確かに術後は、輸血で肝炎になったり、挫骨神経を切ったため神経痛にかかったり放射線治療などそれはそれは大変でしたが、悲観的になると病気も悪化するようですよ。
余計な話が長くなりましたが、その子がもし悪性でも前向きに頑張ってほしいです。

AKKO (6月9日 13時48分)


小さい頃から度々見る夢なのですが、地面も壁も周り一面真っ白な世界の道をてくてくと歩いているのですが、いつも1・2・3というように心の中で感じたときにずぼっと穴に入ってしまう。
しかもその穴も真っ白で何か空間自体がそこでとぎれてしまったというような気がするような穴です。

ラズベリーシスター (6月9日 14時02分)


*夢話*
大浴場で小・中・高時代の友達が入り交じった中、みんなで料理をしている。
もちろん全員スッポンポンだけど、恥ずかしくなんてなーいのだっ。
ちゃんと役割分担を決めて、料理を作っている。その後お風呂に入る。
苦労しながらも料理は見事に完成し、後かたずけをしていると、やくざの親分と手下が数人入ってきて「味見をするぞ!(`_´メ)」っとでかい顔して言う。
ラズがジッと見ていると子分がラズを見て、ニヤリとする。
「おー!あたしはスッポンポン「(・ ・)」シェー」と思ったけど、「風呂だもん当然だ!」と開き直る。料理の味はグーで、「みんなに早く食べさせたい。」と料理担当組が言っている。
ちゅーーー、夢でした。
きれいな大浴場でスッポンポンは気持ちいいなぁ〜(^o^)

wakako (6月9日 14時05分)


二度寝した時、見た夢です。だいたい覚えてるけど、あまり重要性はないような気がする。


岩がごろごろ転がっている山の麓にいる。私はとんかちをもって、岩のひとつを思いっきりたたいた。岩がわれて、中から更に顔が彫ってある岩が出てきた。
いつのまにか、それは、小さな社になっていた。
顔が彫ってある岩を更に割ると、中に御札とか、破魔矢とか、いろいろ入っていて私はそれを漁っている。
さすがに「これは、やばいよ、神様怒っちゃうかな」と思いつつ、「何かないかな〜♪」と物色していた。
その社の宮司さんが来たので「ごめんなさい、壊したのは私です」と正直に申告していた。

家の窓をあけると、前が池になっていた。子供たちがその池で泳いでいる。
子供の一人が溺れて、隣の奥さんが助けにいった。私も窓から直接池に飛び込んで、子供たちの側に行った。
一人の女の子が大量に水を飲んだみたいで、うつ伏せになって、水を吐いている。吐きおわった途端、すっきりした顔で立ち上がった。
子供たちに服を着せ、各自の家に帰そうとバスを待っている。

私は貼り絵画家のパーティーに呼ばれたらしい。場所は小ぢんまりした画廊のようだ。
かのんちゃんと、まりあさんも、来るはずなのが、タクシーで何処かにいってて到着が遅れている。画家のおやじに挨拶をすると、おやじは私からお祝いをもらえると思って手を差し出す。
私は何も贈り物を用意してなかったので、自分で作ったサンドイッチを少しとケーキが少し残っていたので、それを差し出した。
おやじは「けっ」っという顔をしていた。これは、かのんちゃんたちに、何か買ってきてもらおう、お香の詰め合わせがいいかなーと思い、「はやく、二人ともこーいっ」っと思っている。
他の招待客が用意してくれたモンブランっぽいケーキを食べました。

良く覚えてないけど、宇宙船だか、基地みたいな所にいる。エイリアンっぽい敵が襲ってくるので、戦いの準備。
仲間は全部男性で、みんな何だか楽しそう。私もはしゃいでいる。その敵は顔が真っ白で、赤い服を着ていたような気がする。
実際に戦うと、すごく弱っちかった。

画家のおやじってのは、実際に山梨にいる、占いじじぃにそっくりだった。終始態度がエルだったぞ。画家おやじ。
&まりあ、かのん、タクシーの組み合わせ、まただねー。
今回はそのタクシーに私は乗ってなかった〜!よかった〜(自分だけがよければいいっ)うそうそ。私の見る夢だ。たいした意味はないのよ、きっと。うん。

べん (6月9日 14時05分)


昨日は会社お休みして一日寝てて目覚ましをかけてなかったせいか、ひさびさに夢を覚えていました。
・早食い大会に出て優勝する。食べたものはぶどう(種無し)とびわとプチトマトの盛り合わせ。
・ダンナの浮気が発覚してキレている私。
ダンナは開きなおっている。わんわん泣いているが涙はあまり出ない。ダンナの頬をつねったら血が出てきた。
ダンナに飛び掛かろうとすると背後からダンナの友達に羽交い締めにされてしまった。

ダンナの夢はあいかわらずやな(--;;って感じですが、早食い大会の夢は目が覚めてから思わず笑ってしまいました。
両手に食べ物わしづかみで必死に食べてたもん、私ってば。
プチトマトなんかへた(?)までそのまま食べてて夢なのに「うわっ、まずっ」って思ってました。

古やっこさん、私の義父も体調が悪くなりかけてたとき、ずっと「白い蛇が見える」って言ってたの。
あれも体の不調を教えてくれてたのね、きっと・・・。
そのときはまだ(見た目には)大丈夫そうだったので本人も嫌がってたし無理に病院へ行ってとは言わなかったけど、今思えば無理にでも行ってもらえばよかったと思います。
古やっこさんのお母様は前向きですばらしい!

さくら (6月9日 17時41分)


こんにちは〜。さくらです。
今日、地学のテストが返ってきた。なんと!90点!!
結構自信あったんだけど、ここまでいくとは思わなかった。
うれしいです。でもほかの教科がヤバイかも・・・。

昨日の夢にラジコンと自転車が出てきた。
う〜ん・・・。

MIHO (6月9日 18時51分)


2年程前に見た、少し変な夢です。
中学の時の友人と、山小屋のような所で映画を見ています。
山口百恵の映画で、彼女は大きなニワトリのような型に白い羽を差していきます。
私たちは「さすが山口百恵、うまく差すねぇ」などと感心しています。
映画が終わり、私たちは連れ立って山小屋を出るのですが、私だけが、座っていた椅子(その椅子はオフィスにあるような、下に車のついた椅子なのですが)を持って出ます。
私は片膝を椅子に乗せ、もう片足で地を蹴って、友達について行きます。
話しながら山道を歩いているうちに、私の椅子がだんだんに速度をあげて行き、そのうちモノ凄いスピードで走り出すようになります。
友達は驚いて私を見ています。
何とかして止まらなければ・・・・
しかしし下り坂は当然、上り坂でも、その勢いは止まりません。
周りに生えている木の枝に捕まっても、枝は折れてしまいます。工事現場の看板に捕まっても、看板はバラバラとめくれてしまいます。
道の先におばあさんが歩いているのが見えます。
椅子(と私)はモノ凄いスピードで進んでいるにも関わらず、おばあさんは私に小判型のものを差し出します。
どう見てもそれは「薩摩揚げ」なのですが、私は「あ、毒取り草入りコロッケだ」と、それを食べるのです。
すると椅子はピタリと止まったのです。
私は「さすが毒取り草入りコロッケだなぁ」と感心するのでした。

masa (6月9日 22時04分)


熱はさめたけど、まだに咳が止まらない...なんて私事はともかく本題へ。

白い蛇ですか、昔1回だけ見たことあるんですけど、すこーしだけ黄色っぽかったのです。
でも、家の前に川が流れているから蛇はよく見るけど、白い蛇は今までこの1回しかないけど、白くない白い生き物って、ありがたく珍重されるけど、実際に見てみたら、どう思うのだろうか?
ちなみに、白いへびを見たのはは4,5才の頃なので、別に印象に残らなかったけど。(←罰当たりな私)