ねる (11月23日 16時17分)
どうしても昨日見た夢が頭から離れなくて、ネットサーフィンをしてここへ流れ着きました(^-^;)。
泣く夢だったんですが、私が個人的に知っている訳じゃない、死んだ有名人が出てきて、それで、夢の中で私はその人とつい最近住んでいた所の近くの道端で一瞬、会うんだけど、次のシーンではその人はもう死んでいます。
その人の友達?みたいな人達がたくさん集まって騒いでる所で、紛れて、こっそり?私もたくさん泣いている夢。
(たぶん、その人の友達みたいな人達は私の親関係の遠い知り合いかなんかの縁で知らないけど知り合いみたいな感じ?/夢)
なんか、泣く夢って気持ちいい感じがするんだけど、それはいい意味があったからなんですね。ここで始めて知りました。
とりあえず、今度、夢の場所の近くまで行くので寄ってみようかな、とか考えてます。
なにかいいことがあるといいなぁ。
しかし、努力を怠ってるんですね、私…がんばらねば(笑)。

ラズベリーシスター (11月23日 16時31分)


そうそう昨日見た怪獣ネタの夢。
福岡と「ロシア」という地名だけど、場所は北海道?に怪獣出没。ガオー
最初は福岡で暴れまくり本州の下をくぐってロシアへ。(日本が波打っていた。)
その怪獣を倒すためにラズ&ハズと友人2人は戦いうが、怪獣の弱点を知っているのはラズだけ。3人に怪獣を引きつけてもらいラズが「へんしーん!」する。
小さくなり気づかれない様に近づき、戦いに挑むのである。(カッコイイ!(^_^)V)

kizM (11月23日 16時56分)


はじめまして。今日の午前中旅行から帰ってきて仮眠をとってる時に嫌な夢をみました。。
というのはその旅行というのは彼女と会ってきたのですが、その彼女と別れる夢を見ました。
昔の彼氏と復活して、彼女がすごいいじわるになってました。
妙にリアルな夢だったのですが詳細を忘れてしまったのが残念です。

それで一度起きてまた寝たらその続きを見てしまったのです。
彼女は一度は自分のもとへ戻ってきたふりをして実はその昔の彼氏と共謀して自分を陥れる夢でした。

思わず彼女に電話してしまったのですが(笑)今もこの先もそんなことなるわけないって言ってます。
彼女とは遠距離恋愛なのでなんか心配になってしまいました。

みむ (11月23日 17時12分)


(悲)ような(笑)のような夢をみました。

部屋で二人、トモダチと喋っていました。
そこへ、中村玉緒さん(!)が入ってきました。どうやら私たちとトモダチのようです(実際は違いますが)。
※中村玉緒さんのユメの中での設定は、私たちと同じ歳で、顔は現在のままで、体は20代の体だったのです。喋り方はもちろん、玉緒さん喋り(笑)。
で、あろうことか、玉緒さんはワタシの以前つきあっていた人と結婚するというのです。
玉緒さんはその人がワタシとつきあっていたとは知りません。そしてワタシの目の前で「彼ったら、ワタシにキスしようとしてきまんねやけど、ワタシの歯があたって困りますねん。
せやから抱きしめるだけにしておくんなはれや〜〜、て云うたら”スキや”って云って抱きしめてくれましてんで〜〜」と云った感じ。
ユメの中で泣く一歩手前で目覚めました。
なんて、寝覚めの悪い夢だったんだろう・・・。

まるまる (11月24日 0時54分)


なんかいい夢だったかな・・・>
教会みたいなれんがづくりの建物がいっぱいある。緑も多くて、公園もある。
学園祭みたいなイベントをやってます。
歌の人と呼ばれて演奏しに来たが、アナウンサーの女性と歩きながら話している。荷物を持ってもらったが、会場に会場には届かなかった。
そこは教室みたいなところで、中年や壮年のお客でいっぱいだ。
荷物に楽譜が入っていたので、どうしよう・・・最初はピアノソロだが、心に浮かぶ事を弾く事にした。
エレピ(?)を弾くとしばらくして音が出なくなってきた。
音がそこにあると思って弾こう!とやってるとまた音が戻ってきた。
3拍子で、リズムは揺れているが、神様と繋がっているので自分にはない技術でどんどん演奏できてとても気持ちよかった・・・

ぼぶ (11月24日 1時31分)


さて、夢ネタをひとつ。
珍しく、フルカラーだとはっきり覚えている夢でした。
私はなぜか小学校にいます。先生っていうより、教育実習生とかそういう感じのおねぇさんっていう存在らしくて。
で、校舎の最上階、3階か4階かな、の廊下にいます。右手は階段。
その廊下の向こう、ちょうど階段のスペースを挟んだところに、小学生の一団がいるんです。
彼らはどっちかっていうと児童っていうより暴徒みたいな感じで、その中の1人の男の子がリーダーらしい。ちょっとでも気に食わない事があると、容赦なく制裁を加えちゃうような奴らです。
で、そいつらが私の手に細かいピンを刺したり、鉄の重りを投げつけたりするんです。まさにゲーム感覚って感じで。
普段なら「このクソガキども〜」とか逆上しかねない私ですが、なぜか無抵抗。
そして、リーダー格の男の子が階段から落ちそうになって、宙ぶらりんになります。
私は右手一本で彼の体を支えているにも関わらず、彼はもう一方の手で私の手にぶっとい釘をぎりぎりぎり〜って刺しこむんです。しかも笑いながら。
「お前、自分が置かれてる状況を分かってんのか〜」と思いながら、でも絶対に手を離してはいけないと頑張る私・・・。

いつから私ってこんなに心優しくなったのかしら、と(いくら夢の中でも)とても不審に思った夢でした。

追伸・・・
最近夢の中で、乗り物関係の運転技術が確実に向上してます。
最初は踏んでも走らない、踏んでも止まらない、がほとんどだったのに、昨日は減速なしで(っていうよりアクセルふみながら)がんがん曲がってました。

nini (11月24日 12時13分)


今朝の夢〜〜
外人の長髪金髪美男子から、靴をもらった!新しい運動靴だった!
水槽か?海だったか記憶にないけど・・・クジラとしゃちが泳いでいた!!
外人の前には、若い男の子・・・たぶん知り合いが現われて「飲みにいきましょうよ〜」と誘う・・・(現実にもある)でも、外人といる私・・・

次に、田舎らしき山にいる。
SL機関車が走っている。線路に父と妹と私で立っている。機関車が来るので慌てる・・・(多分テレビのせい)すると車が来て、中から死んだ知人の父親が登場・・・
私は「おじさん、元気?」と言う
おじさんは弱々しく、車から出ようと立ち上がる。
私は手を貸しながら、おじさんの言うことを聞く
「**(息子)のやることを盗みなさい」という。
私は、そこを離れて父と妹のいるところに行き、話をすると・・・「死んだ人だよ」といわれて恐くなる
そこで目が覚める〜〜〜

うう〜〜んテレビの影響を受けた夢だけど、死んだおじさんが登場して、アドバイスを与えてくれた。 感謝である、が、何かに気を付けなくちゃイケナイ!!
「靴をもらう」彼氏ができるのか、はたまた転職か!
クジラとしゃちが登場なので、スムーズに事が運ぶとは思えない・・・少なくとも、状況の変化は免れないかな〜
ま、変化するのだから「人の振り見て我が振り直せ」じゃないけど周りの同行に気を付けろ!ってことかな

すみれ (11月24日 12時21分)


眠る前にみた映画の影響もろで、今朝は夢の中のもう一人の私が気を失った瞬間、目が覚めました。
夢ではスーファミがラップ現象を起こし、コントローラーがガタガタ揺れた所で私は何かの力に抑えつけられ、倒れて気を失ったっていうなんともお子様っぽいおはなし。
夢の中の自分と現実の自分が入れ替わるという感覚がおもしろかったのでした。はい。(^^)

まりあ (11月24日 12時37分)


さてさて、忘れないうちに連休にみた夢〜
<土曜日の朝の夢>
彼が若くてたくさんの女性に囲まれて大きなテーブルにいる。私は、やきもちを焼いているようだ。
彼は私には無視で女性達と仲良くおしゃべりをしている。そのうち、歌を歌ったりもしてる。
その中のひとりの女性がどうやら彼に気があるようだ。見ていると、明らかに言い寄っている。
私は心配している。彼は、まんざらでもないように仲良くお話している。

<日曜日の朝の夢>
どこかの街に私はいる。マンションの窓からから外を見ると白い軍用機?のようなものがゆっくりと大きな畑の中に降り立った。
中から、特殊部隊が手にマシンガンを持って大勢でてきた。すると私は、道を歩いている。空には、また、白い軍用機が飛んでいる。
遠くには特殊部隊が隠れて歩いている。どうやら私は、関係がないらしい。
わたしは、歩いてあるビルに入った。
ビルの一室には占い師(実際に知っている人)がいて、私は占いをしてもらっている。しかし、お金がきになっている。どうやら30分で5000円らしい。
わたしは、5000円以上はもっていないので時間が気になり、やめてもらった。すると、部屋に特殊部隊が入ってきた。
奥にいた男性2人を捕まえた。ひとりの人は泣いていた。
私は、外に出た。たくさんの特殊部隊が階段や廊下にいた。私は「なにがあったのかなー」と呑気に思っている。

<月曜日の朝の夢>
道を歩いていると、やくざの男性が怒って暴れていた。手には銃を持っている。
私は、普通に歩いている。こっちめがけて銃を撃ったが当たらない&届かないようだ。
わたしは、平然と歩いている。男は、そこらじゅうに銃を撃っていた。
私は、銭湯についた。前には大勢の人がいた。私は、男がこっちにくると伝えている。
皆は、用心をすると言った。私はそのまま銭湯に入った。中は布団がたくさん敷いてあり、たくさんの人が寝ていたり、座っていたりしていた。
私も一つの布団に入った。すると、さっきの男が来たらしい。男性が大声を出して入ってきた。
なにかひどく怒っている。銃は手にはなかった。
わたしは、早く帰らないかなーと考えている。

ハル (11月24日 13時16分)


断片的に覚えている夢の話。
*スキューバダイビングをやる要領で空が飛べる夢*
夜、星を見るために飛ぶんだけど、ダイビングとは逆にあまり高度が上がると身体に悪影響があるので気をつけなければいけない。

ある夜、私と友達(複数)が住宅街を飛んでいると、後ろからハズさんが飛んでくる。
以前、私たちが見た珍しい星を見たいけど何処をどれくらい飛べばいいのか教えてほしいと云われる。
でもその星は、ちょっと高い位置まで飛ばなくてはならず、一人で行くのは危険。
しかもその晩は雲が多くて星は見えないので「今日は無理だよ」と答える。
途中の説明を省いて「無理」と云ったので私たちの真意が伝わらず、ハズさんは食い下がり、それでもダメだと知ると自力で飛んで行こうとしてしまう。それくらい、見たいらしい。

今度はスキューバダイビング。
なぜか川の中。ダイビング仲間と一緒にボートを押している。
川はそんなに流れが早い訳ではなく、水もキレイ。
器材を背負わなくても潜れる、レギュのマウスピースだけという不思議な物体をくわえている。周りもみんな同じものをくわえて潜っている。
中にはきちんと器材を背負っている人もいるけど、重そうで辛そう。これにすればいいのに、と思いながら水と戯れる。

ほかにも友達が一杯出てきたような気がする。しかもダイビングの友達ばっか。

wakako (11月24日 15時15分)


今日見た夢は、うろ覚え。
・人体実験の実験体になっていた。
色々な薬を投薬され、薬の副作用で肝臓だか膵臓のガンになり髪が抜けてカッパハゲになった。
・ゴリラが出てきた。

みすてぃ (11月24日 19時43分)


遅ればせながら、昨日の夢。
温泉につかっている。どこだか、どんなsituationかは不明。

その2
バスに乗っている。外は夕方のようだ。私の他には少年1人のみ。
目的地で降りると、彼も降りてきて、一緒の方角に歩いていく。
なんだか、私になつくように私の顔を覗き込む。あたりはもう夜になっている。
彼に、私の家はあそこなのと指をさして教える。(なぜか昔の実家)
すると彼はその近くだといい、わたしがその建物を指さすとそうだと言った。
いつのまにか優しいキスをして、いい感じになる。

バスの少年・・高校生くらいにみえた、すごくかわいくて守って上げたいような子だった。不倫願望か?(爆)

わかぼう (11月24日 20時02分)


今日は電話のベルで、目が覚めたので、内容はよく覚えていないのですが
・見知らぬ家(だけど自分の家らしい。)
・池のある広めの庭
・たまごっち
が、出てきました。