にゃーこ (4月13日 23時48分)
ちょっと心配なゆめを見てしまいました。ガーン。
家のそばのガソリンスタンドが火事で今にも爆発しそうで、避難しようとしている。
そこで目が覚めて、また寝たら
部屋の畳に火がついて燃え上がる。とっさに消化器を持ってきて懸命に消す。
起きたらすごくドキドキしていた。やだなあ〜〜....

fumie (4月14日 2時29分)


昨日の夢
ちょっと高層ビルに近いようなデパートが爆発によって解体される。
私は見にいかなかったけど、妹とその友達と母が見に行く。
私は爆破し終わった後に残骸だけ見に行く。

nohurry (4月14日 5時12分)


夢占いでいつも感じるのですが、短的な行動、人物だけで診断されてますが、ストーリー的な夢を診断する時は、どうするのか?
・ポイント
実際の夢占いではシンボルだけで解釈しているわけではありません。ストーリーや前後関係でも解釈します。また、統計学ではなく、あくまで個人と向き合って行うものです。

かのん (4月14日 10時33分)


今朝の夢「海辺と掲示板と結婚式」

朝の海辺にいる。朝焼けが綺麗。これから自分の結婚式らしい。
朝イチ「夢の落書き帳」に「今日、結婚します」と書き込もうとしている、私。
なぜかダンナは「柳葉敏郎」式はホテルらしい。
式の前に「スーツケースが被害にあった」と連絡が入る。式は遅れることにして(あたしだけ)スーツケースを見に行く。
鍵が壊されていて、バンドはしっかりとまっていた。緑のスーツケースはぼろぼろになっている。
盗まれた物は分からないが、なかったようだ。他にもいくつも被害に遭っている。
1時間遅れて式場へ行った。披露宴は新婦不在で始まっていた。
後から入り、雛壇によじ登る(笑)誰も遅刻を怒らない。
式の前にもう一度、さっき書き込めなかった「今日、結婚します」を落書き帳に書こうと思った。
新郎は挨拶で「披露宴は会費制とし‥‥」と言っている。ボードを見ると会費は「100,000円」と見えたが、「10,000円」の間違いのようだった。
あたしは「ちゅーもキャンドルサービスもなーんにもないな〜らぶらぶはどこへいったのかしら〜」とちょっと不満なのだった。

今日のわんこ (4月14日 10時34分)


今日の夢
外国旅行から帰ってきて空港にいます。
その後前、彼と誰か別の男の人に(別れのような内容の)FAX送らなくては・・・と思ったところで、場所が職場に変わり、職場のFAX兼コピー機を見ながら「誰もいなくなったら送ろう」と思ってます。結局送れなかった。
事務所の外では大雨が降っていて、いつものように加湿器をかけていると、外の湿気で曇るので、加湿器を止めるように言われました。
事務所の私の机には、一緒に外国旅行に行った友達からメッセージがあり、マクド◯ルドの割引券の裏に「シェー◯ーズの方が安かったのに店がなくなったからマクド◯ルドにしよう・・・」みたい内容でした。

もんち (4月14日 12時48分)


今朝の夢
お父さんが、怪我か病気か原因はわからないですが、1年くらい休養しなければいけなくなったのです。
腰がいたいらしく、安静するよう医者から言われました。
ところが、お父さんは、腰を動かしたほうが早く治るのでは、と腰をひねらせるのです。
医者から安静にと言われているのに、かえって悪化するのではと心配していました。

いぬぱっこ (4月14日 13時41分)


昨日の夢判明
バス停に長い列を作って人が並んでいた。みんな黒っぽい洋服を着ていたので、学校帰りの高校生だと思う。
私も一番後ろに並んでバスを待つ。すぐにバスが来た。でも、そのバスは、小さめで、全員乗れるのだろうかと不安になる。
何とか乗れたようだった。私は、一番後ろの席に座った。隣には、なぜか小学校の時の友人がいた。
友人と2人で、3つ目くらいのバス停で降りた。民家のブロック塀の前に突然現れたようなバス停だった。
友人の後を追って、1つ目の路地を左(!)に曲がった。曲がるとすぐに、大きな講堂のようなものがあって、門のそばに大きな銀杏の木があった。秋のシーズンだったらしく葉が黄色だった。
講堂の前をすぎると、左側に大きめの3階建ての一軒家があった。友人は、そっとこの家の引き戸のついた玄関に近づき様子をうかがう。
私も後に続いた。人気がなさそうなので、そっと引き戸を開けて進入する。
玄関の真ん前に階段があった。階段の一番上から、誰かが見下ろしていた。
「あっ 椎○誠だ!」と瞬間的に思った。逃げようと思った。
でも体が動かなかった。硬直したまま彼のエッセイに出でくる東京都K市の自宅はここだったんだ。なるほど。。。 と感心していた。
椎○誠は、私たちを海に連れていってくれるというので喜んでついていった。
彼の連れていってくれた海は、砂浜ではなく、赤茶けた崖っぷちだった。
下を覗くと、きれいな珊瑚礁の海だった。何人かが海で泳いでいた。(あやしい探検隊のメンバー達だったかも。)
椎○誠は、崖の端っこに座って、ビールを飲んでいた。私は、椎○誠に気に入られるためにはどうしたらいいか考えていた。
しかし、考えはまとまらずに、自然体で行こうと割り切った。彼は、自分のペースでビールをぐいぐい飲んでいた。
私は、別にいいやと思った。彼は、私たちを気に入ってくれたのか分からない。

すみれ (4月14日 15時10分)


今日の夢。
父の運転する車で、会社の面接に向かう。まずは派遣会社で打ち合わせをしてから、という段取りのようだ。
私は後部座席で、洗濯したてのスーツの上着を乾かしている。
直射日光に当たって熱くなっているトルソ(のようなもの)にその上着を着せると、水蒸気がぼわ〜とあがった。
しかし、とても暖かい日なので上着は着ない事にした。
助手席には彼が座っている。彼はそのまま出勤するようだ。
面接会場に到着する。そこは昔、画塾に通っていた場所にソックリだった。
お化粧をしていない事に気がつき、あせって鏡をみながら頬に唾をつけて水分補給をし(なんて事してるんだ)とりあえずコンシーラーで部分的なカバーだけをする。
眉だけはすでにステキに描いてあった。うっかりミスが多い自分に腹を立てていた。
用意ができて、3人共車を降りる。

KEIKO (4月14日 17時07分)


こんにちわ。私は最近よく、彼が浮気している夢を見てドキドキして起きてしまいます。
またその日一日ブルーです。
でも、別に普段はまったくそうゆうことは考えないし、特に心配事もないのですが・・・。

5656 (4月14日 22時57分)


私は夢を見ている最中に匂いをかぐことがあります。
いままで覚えているのはラベンダーと白檀です。
といっても、実際は自分でその匂いを思い出しているだけなんだろうとは思いますが…。
枕元にはラベンダーや白檀はありません。

ぼぶ (4月14日 23時42分)


今朝の夢「砂漠でピアス」
砂漠か砂場か、とにかくこんな所でピアスなんか外したら確実になくすだろう、って感じのところでピアスを外している。
私はいくつかのピアスを試着しているらしく、砂の上に外したピアスを置いている。
でもなくなりそうなので、隣にいる友達に探させている。

「探させている」っていうところが。
仕事の関係でピアスできないから気になってるのかな。
それともすっかり周りの人にもたれかかってるのかな。
気を引き締めねば。

ほほ (4月15日 0時50分)


ぼぶさんの夢を読んで思い出したわ。私も砂地に散らばった宝石を拾う夢をみた。
とても美しいひとが出てきて、場所は中近東で幻想的な夢だった。

「奇憚」
どこかテリトリーな場所に、誰かが攻めて来るとかそういう状況の中、あまり切迫感はなく、鷹揚に避難の算段をしている私たち。
軍人らしき人に、言葉がわからない現地人のふりをして、わけのわからない言語を吐きながら、何か買ってもらい、お金を余計にとる。
相手は日本人だったのか、日本の古い貨幣で、懐かしい。
最初から多めに払ってくれたが、さらに財布から5千円札をふんだくる。

そのあと、とても美しいひと(仲間)が、玄関先で、やはり軍人相手に物を売ってお金にするために、自前の宝石を軍人の籠に入れていた。
砂地にこぼしてしまったようで、ピンセットで赤い美しい宝石を拾っては相手の籠に入れていた。私も一緒に拾った。手で。小さな赤い涙の形の宝石。
美しいひとは、エジプトの女性のような格好をしていた。軍人はみな紳士で、怖そうにはみえなかった。

逃げ延びた私たちの内、散り散りになり、その美しいひととその恋人と私だけの3人がひと組みで海辺で暮らしているようだ。
みなお金を使わないらしいが私は犬を飼ったとかいう記述があり、家族のように暮らしていた。美しい海辺の風景。
一緒にいるのは成り行きだが、その美しいひとには事情があり、実は、血の繋がりがあるらしい。
美しい海辺で、彼女は、「手に魚の同じアザがあるから、娘と認めた」みたいなことを言い、 私はこのアザは今朝、飼っている犬にかまれて出来たばかりのものだと言うと殺されそうになる。
海に沈められたとかそういう。不思議な力を使ってとか。で、彼女の恋人に助けられる。

「買物」
場所は不明。空港か、あるいは前に住んでいたマンションの概念の別の建物、雰囲気はビルディング。
いきなりががーっとダンボールが運び込まれ、臨時のバーゲン会場となる。
エルメスだかグッチだか。社販だかなんだかですごく安いらしい。
私は最初は水着をみている。あんまりいいのないなあ、と思って、適当に2枚選んだ。
すると友人Oがいて、どこでみつけたのかブルーのチェックと何か、2枚のオーソドックスなシャツを買っていた。
ああ、このテのオーソドックスなものがあるなら、私もそういうのにしよう、真剣に捜そう、という気になって、水着を置く。
水着は帽子付きで熊とウサギかなんかの耳までついたキミョーなデザイン。他の人も、みな厳選したニットなどを選んでいた。
それから「バーキンを買う」と思い立ち、店内をかけめぐる。その前に、Dutyfreeカードのように、住所等を記入しなくてはならなくて私は自分の住所がわからなくて一瞬とまどう。
2階の売り場で、別の友人がバーキンをみつけてくれる。が、それは小さかった。
ポシェットタイプでベージュ革のでかわいかったが、あまりに小さくてものが入らない。
そう思っていると、彼女の妹が「こっちにもあるよー」と教えてくれてちょうどいい大きさのバーキンのショルダーをみつけた。
妹は、ずいぶんたくさん形の違うバックを抱えていて一気購入するらしい。確かに安いのだけど、私のバーキンも2万8千円くらいで、夢の中でも金がないらしく少し迷っていたが、それはなかなか気に入っていた。
そのうち、ダンボールは一気に運び出され、店は消えてしまった。果たして買ったものやらどうかは分からない。

あんこ (4月15日 9時13分)


今朝、母に、「あんた、外車に乗ってみーひんか?」と言われた。
なんでも、母の行っている会社の居候が、今度、入院する事になったらしい。長期入院なので、車を社長に預けるので、訳の解らん輩に乗られるなら、私に乗れと・・・
車をぶつけてもいいそうで、乗りたいけど、外車。それも、真っ赤なんて・・・ それで、買い物に行ったら、面白いんだろな (^^)

今日の夢。
会社の同僚たちと社内旅行の様に、飛行機に乗って旅行にいく。場所は、英国。
飛行機を降り、荷物を持っている。出口へと急ごうとするが、止められる。
なんで?と、ぶーいんぐが起こっていると、案内の人が、「この用紙に、必要事項を記入して、こちらまで、おこしください。」と言う。
私は、どうにか、早く、出ようと、隣りにある部屋を覗く。けど、たくさんの人が、何か、警備をするための講習を受けていた。
「ここから、一歩も通してはなりません」と声が聞こえ、やっぱり駄目なのかと、用紙を持って、そのまま、受付けに行こうとする。
そこに、部長が、「わしは、前にこれを書いた事があるんじゃ。これじゃ。これじゃ。」と言っている。
一番に受付けに飛んでいっている部長に、負けじと、みんな、急ぐ。