ほほ (5月23日 1時21分)
私はどうもストレスが溜まっているらしく、運動するなどして簡単に発散できるような種類のものなのだが、それさえも今の環境では対応することが難しく、試みてはいるんだけど、発散されないまま、溜まっているようだ。
明け方寝たので、昼間みた夢だろうと思うけれど、またしても泣いていた。しかし、悲しくて、ではなくて、感激の、涙みたいのは、どう解釈したらいいんだろうなあ。
泣いてても「喜び」なんだろか、単なる夢で感情を発散しているだけの無駄夢なのかしら・・・・清められていいことが待ってるような夢ではないかんじがしつつも、よく泣いてます、最近、夢で。

「卒業記念のカエルの置物」
卒業式みたいだ。私は父のバスにのり、バスだけど乗客は私だけ。最寄りの売店で降ろしてもらう。
私はいつもそこでおにぎりとかサンドイッチとか、軽食を買うようだ。そこにはオバサンと呼ぶには若いような、年上のお姉さんがいる。
そこで、客以上のもてなしを受け、最近使ってていいと思うというなたね油(でも粉)とかを味見させてくれたりなんだりする。
友人M子が卒業の証書かなにかを店のねえさんにもらうよう。
次に私が行くと、ねえさんは、記念にと、カエルの大きな陶器の置物をくれる。
ファンシーなカエルで、真ん中に角かなんかあって、そのキミョーさがツボにはまり以前に私がたいそう気に入ってたもののようだ。
ねえさんは「忘れてないわよ」と笑顔で言う。ずいぶん昔で、そんなに好きなら今度買っておいてあげる、とかそういうやりとりがあったらしい。
卒業自体には、何か状況を今ひとつ把握しておらず、周囲の皆とも全然波長があってなくて孤立していて、わけわかってない上、実感もなかったのだが、そのオバサンとのやりとりで、私はやっと「卒業するんだ」という実感がわき、これで最後だと思うと、この店で過ごした日々にも思いがはせてすべては流れ変わっていくことの諸行無常な感慨とか些細な日常の記憶とか、当たり前だったことがそうでなくなっていくことに、涙がすごい勢いでせりあがってきて、感激なのか何なのか、涙をとめどもなく流した。
きっとストレスなんだろうなーーーお祓い〜

次の夢では、鈴木京香になっていた。
鈴木な私は、料理をしていた。年下の男の子たちに。
カタクチイワシの皮をむいて真ん中の柔らかいところを刻むのがポイントだ。
ごはんと卵でチャーハンを作っていた。
上下を切った赤ピーマンの中にごはんを入れて、丸くかたどっていた。
カタクチイワシをそんなふうに使えるなんて、と絶賛された。
それは、食べるというより売り物になるみたいだった。

わかぼう (5月23日 4時00分)



わたしとM子、S子、中学時代の友と4人で、T駅にいる。これから旅行に行くようだ。
(実際にそうなのだが)M子とS子は、仲がこじれていて、顔すら合わせようとしない。
途中、人間の男の人と、蛇女の夫婦と出会い、なぜか行動を共にする。泊り先の部屋まで一緒。
部屋と言っても、普通の家。
そこで蛇女は子供を出産する(出産シーンはなし)が、生まれたのは頭が二つある、黄緑と白の混ざった蛇だった。
帰りの電車の中で、V6の面々と出会う。
何を言っていたかは忘れたが、三宅くん(???)が、「剛くんが〜〜〜」と言って、わたしに話し掛けてきた。

なんだろ?この夢?
蛇女は「へびおんなぁっ」って顔してたけど(どんな顔じゃいっ!)怖くなかったし、生まれてきた二つ頭の蛇も、わたし蛇だめなんだけど、不思議と気持ち悪いって思わなかったです。
むしろ、「きれいだなぁ」って、思ってました。

おぐ (5月23日 23時12分)


今朝の夢(夫の実家にて)

●夜。自分の実家の前の道路に立ち、父親が運転する車が車庫から出てくるのを誘導している。
すると、脇道から無灯火の車がゆっくり走ってくる。私は大声で父に止まっててくれというようなことを言い、無灯火の車の運転手に注意しようと近くに駆け寄った。
●その車を運転していたのは小橋賢児くん(ドラマ「L×I×V×E」にて、スピード絵理子ちゃんのお兄さん役として活躍中)。
彼は、お金がなくてライトの修理ができないんだ、というようなことを言う。
●私は彼の車に乗る(ライトの灯火のついては、ナイ話になっている)。
彼は、私というパートナーを得たことが嬉しいらしく、まぶしいほどの笑顔でいろいろとうちとけて喋ってくる。
私も、彼の笑顔を見ているだけでとても幸せな気分。

ぼぶ (5月24日 1時06分)


最近すっきりしない夢ばっかりだから、獏に食べてもらおうかしら。たくさん食べて大きくなるのよー、バクちゃん。

今朝の夢「魚とプラモ」
アンコウとタラを足して2で割った上にオオカミウオを掛けたような、でかくて暗緑色をした魚。
どうやらプラモデルらしく、部屋の中にどーんと飾ってある。
魚の顔は正面を向いていて、その目のあたりがぐじゃーっと割れて、中からプラモの人形が出てくる。(「GIジョー人形」みたいな感じのやつ。)
気味が悪いが、これは人形なんだと自分に言い聞かせつつ見ない振りをしているとその人形が何かをぼりぼりと食べ始めた。

夢の中でまで、何かに追われている感じ。惰眠をむさぼってたからかしらん。バクに贈呈。

まるまる (5月24日 1時21分)


今朝の夢>
夢の中で私に30も年の離れた兄がいて、その彼女はまだ20ぐらいのコギャル。
どうやら妊娠したらしく、降ろす〜とかいうので説得。
いろいろ災難もあったけど、彼女は産む決意を。
両親(見知らぬ人)も納得して、協力体制に。はやく兄にも知らせて責任をとらさないと。
病院で検査したら子供に異常があるかもしれないと、半泣きになっている。
あきらめないで一緒にがんばろうよ、といって励ます。
病院には人体モデルのカラーイラストがあった。

もう一つ>
テレビでウルトラQのニューバージョンをやっている。
タイトル画面。青い波の様なバックにタイトルが黄色の文字ででている。
音楽はウルトラマンらしき曲をギタートリオがジャズアレンジでやっていた。
なかなか洒落ていた。(今度やってみよっかな・・・♪)

タオ (5月24日 5時17分)


良くワケワカラン夢を見たときにお邪魔させていただいてます。
さて、最近「名前を付けられる」と言う夢を見ました。
名付けられたり、コードネーム(なんだかスパイモノでした)貰ったりするのって??因みに今でもその名前、はっきり憶えてます。
(同時に「テントウムシがおかずの弁当」も出てきましたが………(笑)食べなかった)

みすてぃ (5月24日 8時50分)


昨日の夢「広節裂頭条虫」
鼻がむずむずするのでさわってみると、なんだかゴミがつまってる感じがする。
どうやら寄生虫の頭のようで、頭の先がクワガタの角のように割れている。
引き抜こうと引っ張ると、せいぜい15センチ位だと思ってたのにずるずると出てきていつまでも抜けない。
1mほど引っ張りだして、やっと全部抜けた。
白くて、太さ1cmくらいあった。私は広節裂頭条虫だ、と思う。
とてもすっきりしたが、鼻の付け根あたり、虫が抜けたところはぽっかりあながあいてるんだろうか、とぼんやり考えていた。

「覗かれる」
昔住んでた家の北側の部屋に、旦那といる。
窓が少しあいていて、男がこちらを覗き込んでいる。
私は怖くなり旦那にどうにかしてとすがりつく。
旦那は窓をあけ、そいつを突き落とした。
でもまだちょっと安心できなかった。

覗きの夢はうなされて、起きたら汗びっしょりだった。
内容はどってことないのに怖かったな・・・
いまダイエッターなので、もろ健康関連て感じだよ。
ま、虫がとれたからいいってことにするか・・

nini (5月24日 9時46分)


日曜日のお昼寝時間に見た夢

白い建物が家の中に建っている、そこが私の部屋らしい。薄暗い中に白いベッドがある。
男の人に(昔の彼氏)誘われるが、なんだか不安気持ちになったのでなんだか逃げ出す。
外に出ると夜になっていて、私はバイクに乗って爆走を開始!
道は1本道でアップダウンの激しい舗装道路でした。
バイクが自分の意思を持っているかのように、私の言うことを聞いてくれない。
途中、踏み切りが降りてきて「まずい!!!」と思っても、踏み切りに突っ込む始末・・・・でも、踏み切りの遮断機が下りても電車の音がするだけで実物は通り過ぎない・・・
それから何度か同じことを繰り返すうちにスナックに到着した・・・中は東南アジアの雰囲気が漂っていた。

お店のママは、吉永*百合さん・・・・
私はママに「食べていけば?」といわれ、席につく。目の前にはイロイロな料理があった(覚えていないが)
で、食べようかと思うとママが話し掛けてくる。思うように箸を出せない、すると今度はお店の女の子が「今日はもう帰ります」といって店を出る。
そして、私はそとに止めてあるバイクのことが気になりバイクの止め位置を直しに出る。
外は雨が降っていた、小雨が降る中、バイクを止めなおした。
それからお店に戻ると、店が閉店時間になる。
扉を開けると、キンキラの舞台になっていた。
私は羽の飾りをつけて、某歌劇団の役者のような振る舞いでクルクルと踊りながら挨拶をする。
そして私の次に、小*ルミ子さんと石井た*やさんのデュエットダンスが始まる。
私は「あ〜うまくできないよう!!」と緊張したらしい。
が、ママに「大丈夫よ、上手だったわ」とか言われる・・・

今日のわんこ (5月24日 10時28分)


バクさん・・・私の悪い夢も食べて下さい〜

土曜日の夢
私は白い車を運転しています。
右折しようと曲がったところで、直進車と衝突していまいます。
なのに衝突した衝撃も怪我もありません。
あら?と思っていると白い車がピンクの車に変身。
車内までピンクづくしの車に代わった。

今日の夢
家の外で大雨が降ってます。
場面が変わり飛行場にいて飛行機に乗ります。
何故か私は3才くらいの子供で、2つくらい上のお兄ちゃんが私の面倒を見てくれてるらしく飛行機内でも隣に座ってます。
飛行機のなかには何故か飛行機がたくさん積んであって、飛行機の底から1機また1機と飛行機が降りていきました。
その様子を私はお兄ちゃんと機内で見ていました。
という夢

私は1人っ子でお兄ちゃんがいないのに変だな〜
でもお兄ちゃん欲しかったので、この夢はちょっとうれしい夢でした。

かのん (5月24日 11時32分)


今朝の夢。
駅にいる。昔住んでいた駅。鈴木杏樹と他数名。
敵に洪水を起こされ、何人か流されて階段下へ。
私は駅の裏山へ、蛇口を止めに行く。
ちょっとオヤジっぽい男性と一緒のようだ。
地面むき出しの裏山を滑りつつもたどり着き、無事蛇口を止める。
これでしばらくしたら水は収まるはず。
しかし駅から数名の団体が抗議しに来る。
「俺達をひからびさせる気か」と。
私たちは「これで事態は収まるから平気」と言った。
人々が納得したようだ(?)

もんち (5月24日 12時47分)


土曜日夢
会社にいる。同僚がやってきた。「もんちさん指輪落としてたよ」
「あれまーいつのまに落としてたんだろう」と受け取る。
だが、指輪は汚れ、形が変形している。かなりショック!!
その後同僚と喫茶店へ行こうとでかける。
エレベーターに乗る。中は工事中でかなり汚い。
店へ到着。スパゲティ屋さんで、テーブルにすでにスパゲティが置いてある。
食べたい所へ座るようになっている。
昔すきだった男性が座っていた。本当は横へ行きたかったのだが、あえてさけて斜め前の席にすわった。隣には昔私がふった男性が座った。

土曜日夢2
家でお弁当を作っている。正月前で、元旦に年賀状と一緒に送るように準備していた。
そこへ電話がかかる。相手は会社の役員からだった。内容は仕事の話し。
どうも、さっき私から役員に電話をかけていたようで、折り返し電話をくれたようだ。
とりあえず仕事の話は終えて、電話を切る。
携帯の表示を確認すると、伝言が1件入っていた。
聞くと「あのぉー山田(仮名)ですけど、覚えていますかぁー」と小学校時代の同級生(男) だった。
「今度小島(仮名)先生が結婚するらしいけど、もんちさんも先生と知り合いだという事をちょっと聞いたんで・・みんなでお祝いしようとおもって・・」というメッセージが入っていた。

日曜日夢
飛行機(上空)にも信号機があるという話をどこからか聞く。
その信号機が故障して、飛行機が20分上空で止まっていたという内容だった。
気づくと私は空にいる。(何か乗り物に乗っている)
そして、信号機らしいものが飛んでいる。この信号機とは、小型飛行機のアクロバットの時に 出ている色のついた煙みたいなやつだった。
赤の煙で、それが飛行機の前にやってきたとき、信号でいう赤の印になるらしい。
次に私は海にいる。かなりの速度で進んでいる。
次に森に囲まれた川か湖?にいる。これはかなり水が澄んでいてきれいだった。
めちゃくちゃ感動していた。周りで人が泳いでいた。
体が半分水につかっていて、そのまますべるようにすすんでいった。
気づくと今度は大浴場に居た。また乗り物にのろうと、私は浴場から出て、露天風呂のようなところへ行った。
お湯の中にアメーバー、金魚、ザリガニがいた。
外の岩の所にはかぶと虫がいた。
昆虫ぎらいの私はかなり気持ち悪かった。
外へでようと、窓をあけるとそこは植木市だった。
いつのまにか植木市をしてるところに私と見知らぬ女性と男性と3人でいた。

港 (5月24日 14時56分)


とにかく気色の悪い夢。
ゴキブリの巣を見つけようと必死で掃除をしている。
やっと見つけるが、もはや遅し。
うじゃうじゃと数百匹かたまっており、茶色くて、太めのナナフシののような形に変化しながら棚の下へ向かって這いずっている。
とてつもなく不気味な夢だった。