いぬぱっこ (5月27日 11時12分)

数年前にやっていた営業の仕事をしていた。お客と何か話していた。
話が終わって、客の事務所を出た。次のお客の所へ行く前にご飯を食べようと思った。
1人でなんか食べるのやだなーと思いながら、紺色ののれんのかかったおそばやさんへ入る。
中はあまりきれいではなかった。縄のれんが店内にぶら下がっていたり、日本風の木彫りの置物がいくつか転がっていた。
私は4人掛けの分厚い木のテーブル(切り株のような)にすわった。相席だったらしく、知らない人たちが2人座っていた。(顔は覚えていない。)
白衣に三角巾をした店のおばさんがオーダーを取りに来た。
私は、「渡る世間...」の幸楽みたいだと思った。
何を食べようか迷っていたが、店内に貼ってあった品書きに「寒天ところてん」と書いてあったのでそれを注文した。甘いものも食べたかったので、「あと、わらびもちひとつ。」と言った。別のテーブルで太ったおばさんがイチゴ味のかき氷を食べていた。

私はトイレに行った。トイレは2階にあった。木の階段を上っていくと、そこには割と広めの和室があった。畳の色は古くさかった。
壁には、地味な色のパッチワークの作品が飾ってあった。
夜はパッチワーク教室を開いているらしかった。
その部屋には大きな窓が開け放てれていて、そこから気持ちのいい風が入ってきた。
ふと、窓の外を見下ろすと、パトカーが1台左から右に走り抜けていった。
お店のおばさんは、「なんかあったのかねぇ?」と私に言った。
私は、走り抜けていったパトカーをずっと見ながら「でもサイレン鳴ってないから..。」とか言っていた。
私は窓から顔を出してパトカーを見ていた。
パトカーのテールランプが丸かったので、スカイラインだなと思った。
テールランプが赤く光っていた。妙に気になっていた。

おぐ (5月27日 11時17分)



●カブト虫を箱に入れていたのを思い出した。
箱から、カサカサ乾いた音がする。まだ生きているらしい。
箱を開けると、乾ききったカブト虫。「口」がぱっくり取れている(象の鼻、のようなものらしい)。
●私は水分を補給してやろうと、水をかける。
すると、その「ぱっくり」の部分から、蛍光グリーンの泡が3本吹き出す。
死んでしまった。
●なにやらパーティ。私はスタッフ側。もう終盤に近い。
途中で帰ったオランダだかチェコだかの大使が忘れていった入れ歯を預かる。
とても汚いが、嫌悪感はなく、「回帰水につければ大丈夫」と思っている。

どろっぷ (5月27日 11時55分)


過去に好きだった人(今でも)が、交通事故で死んでしまって、その人と会って喋ったりするんだけれど、「あぁ、もうこの人はいないんだ」と感じて、すごく切なく悲しくなる夢を見ました。

現実にはその人はちゃんと生きているんですが、夢の中ではもう死んでしまって、過去を思い出したりその人の幽霊(?)と会ってたりしてるんです。
その人は別の人から誘いを受けているところを私が側で見ていたりしました。
これは、もうその人が遠くに行ってしまった、という暗示なんでしょうか・・・。

mami (5月27日 12時21分)


以前、よく戦う夢を見るなぁって書いたんですけど。。。
いつも戦い始めくらいでおわってしまってたのに、今日、その相手にようやく勝ちました。

まず、その人の化粧品を私はビルの窓から次々と投げ捨てました。
そして最後に、その女性をビルの窓から見事に投げ捨てました。
あと一人師匠のようなおじいさんがのこっていたんだけど、そんなに強い相手でもなくて。

現実の世界でも最近がんばったから、ちょっと(夢占いだと)良い夢を見れました。
自分自身、何か変わるかな?

いぬぱっこ (5月27日 12時48分)


眠り男さんの夢事典は、う〜んまさしく!!ってかんじです。本も枕元に置いて目が覚めたときにいつでも見れる状態にしてます。
今日の夢は、全くその通り。改めて深くうなずきながら拝見。

テールランプ...人間関係で慎重に...これは昨日、考えていたことでした。ちょっと自己主張しすぎたかもしれん。と反省していました。(仕事上で)

パトカー...義務的なノルマなんです。イヤだなーとか思いながらもやらなければいけないことがあるんです。ちょっと行きすぎた自己主張の件で、周りが誤解していたら・・などと今ちょっと不安ですがやっぱり。...でもすぎちゃったことはしょうがない。別のところで見返すことにしよう。

ところてんは麺類に入るのかな?だとすれば、ビンゴォォォ!!おととい、同じ年の友人と毎日が退屈だよね〜と電話で話した。ダイエットももう少し気合いをいれよう...と思っていたところ。

みゃー (5月27日 16時01分)


一昨日の夜見た夢
私は、現実ですごく好きな人に「やっぱりつきあってよぉー」とお願いをしている。彼の側には、私のライバルと思われる女の人がいる。
その女の人は、「彼は私とつきあってるの!だからあなたとはだめよ」と言われる。でも私はすごくくやしくて悲しくて、なんと彼女の両手の小指を噛みちぎってしまう。
でも指と言うにはすごく細く、血もでなかった。そしてそれと同時に彼女はいなくなる。
なぜが私は、リュックサックを前にしょっている。
その時、私の好きな人がどこからか現れて「いいよ。つきあって楽しくやろう」と言ってくれる。
私はすごくうれしくなる。今まで暗い雰囲気だった夢の中が、彼の一言でパァーと明るくなる。

あぁ〜。これはただの願望の現れなのでしょうか・・・。それにしても、小指を噛みちぎるというのが、気になるなぁ・・・。

CHAN (5月27日 16時42分)


夢「東京都知事と行動」
東京都知事(石原兄)と一緒に行動している。
都知事が飛行機の説明をしている横でスッチーと会話をしている。
会話の内容は覚えていない。

今朝の暴風暴雨はすごかった>大阪
しかし、めげずにチャリンクで出勤っ。おかげで服がびしょぬれ!今は曇りっ。早く帰ろっと。。。

wakako (5月27日 17時29分)


今日の夢「金貨」
金貨をもらう。片面がカナディアンリーフ(というのか?あの楓みたいの)で片方が十円玉の正倉院(だっけ?)だった。
色は金色というよりは、十円玉に近かった。

ひとみ (5月27日 17時38分)


今朝の夢も「4」と「死」でした。
曖昧なのですが、会社の人が4人突然死で死んでしまうのです。
最初の二人は知らない人なのですが、死ぬ間際に死ぬ人と関わると死んでしまうらしいです。
3人目に私のとてもお世話になっている経理の先輩がなくなられました。
お葬式みたいなものがあり、会社でびっくりしていると、まさか今度は彼じゃないよね、と冗談を言っていたら、その人が次の日に死んでしまうのです。

「4」という数字には私の中では「死」と「幸せ」(しがつくからと4文字だから)という意味を持ちます。だからこんな風にくっついてしまったのかなぁと思ったりしてるんですが。。

もるもる (5月27日 19時09分)


はじめまして!もるもるです。
もるもるはいつもぐっすり熟睡だから、あんまり夢はみないのだが・・・
昔は、よく人を殺している夢を見て飛び起きたことがあったっけ。おおこわ。

あくあ (5月27日 21時39分)


結構前からこのページはことあるごとに見てます。
私はほぼ毎日夢を見る。
記憶に残っていて よく見るのが高いところにいて怖い夢とは虫類が出てくる夢。
昨日は「とかげ」「かえる」「わに」「へび」のオンパレード
怖くて夜中に目が覚めた。
目が覚めるほどの夢は久しぶり。
すごくどきどきしていた。
いったい眠りって何だ?

怜二 (5月27日 23時54分)


初めまして、こんばんは。夢、よく見ます(覚えてます)。フルカラーです。
最近よくみる夢の傾向は、動物が出てくることです。
以前飼ってたペット(犬やうさぎ)、黒猫、ライオン、イルカなどなど。
攻撃はしてこなくて、なついてくる子ばかりなので(ライオンはのそっとしていましたが)なごむんですけどね。
今晩はどんな動物が出てくるか??

ほほ (5月28日 0時19分)


今朝の夢
また泣いてた。小さなアムロナミエになって、アムロちゃんの過去のポピュラーなヒット曲を(なんだかわからないが)泣きながら歌っていた。
悲しかったのか嬉しかったのか憶えてないんだけど、なんとなく悲しかったような気がする、とても。

寝続けたら、幼なじみの家に居た。私は勝手知ったる家と、自由気ままにふるまっているようだが、幼なじみには冷遇されている。
彼女の靴下を私が勝手に履いたとして、「洗濯すればいいってもんじゃない!」と怒られた。茶色のモコモコ靴下だった。
その内、私がプロデュースした空間を私たちは歩いている。スーパーに近い百貨店と、その周囲の地下街をプロデュースしたらしい。
赤茶が基調のオリエンタルな細かい絵が壁紙の柄で、私がデザインしたらしい。
今日がオープンらしく、エントランスに黄色系の薔薇とか生花が飾られていて派手だ。審査員席のようなのが4つある。
幼なじみは私の仕事に少し感心している。彼女はいつのまにか広末涼子になっている。
2つある電話が鳴って、とれない。1つの電話では、広末が今時風の話をしている。私宛ての伝言メモがある。「ク●マ」という女の子から。
広末が、ク●マの名前をみて興奮する。
ク●マは、自由な校風の有名な学校に通うとても頭の良いコで、憧れの存在らしく、彼女とコネクションがあるだけで「凄い!」と興奮している。電話番号が0120のフリーダイヤルになっていて「専用線を引いてるんだね」と言う。
広末が先に改札か何かを抜けている時、年上の男性が「ね、ね、年いくつ離れてる?」と嬉しそうに聞き、「3つか4つ」と答えてから、ああ広末って19だ、と思い、「11離れてる」とニマっとした。私たちは共犯関係のようだ。

というような夢をみてましたー。
「ク●マ」というのは、一月前位に知り合った若い男子の苗字です。たしかに彼はハタチですー。
しかし、あんまり関係ないように思いますぅ。夢の中のイメージの賢い女の子ともかけ離れているし・・・。
それより幼なじみに冷遇されたので、彼女に見直してもらえるようストーリーをぐいっと引っ張ったような気がします。それがなんで店舗と地下街のプロデュースだったのかわからんが。
それより最近よく泣いてます。夢で。
浄化しても浄化してもマイナスがゼロになるのが遠いようで^^;;あまり、良いことが待っている夢ではない気がしていますー。あまり泣けない現実の涙を夢の世界に持っていっているような気がする。
泣き夢月間だなぁ・・・