〜農は命をつむぐ業〜



〜農は命をつむぐ業〜

目指しているのは「循環」です。
私の心根は「作っている」とはしません。
植物・生命体は自分自身で育つすばらしい生命力をもっているから。

命が命を育み余力で生かしていただく、それが生命循環の基本と考えます。
だから私の仕事は、植物・果樹にかかわって、その命の力がより大きく活動するための応援をさせていただくこと。そのための自然環境科学であり、栽培技術の研鑽でありたい。
太陽と月の動植物に与える生育成長の相対関系(光の波長と月との満ち引き)
水圏・大気圏・土壌圏の営み・循環輪廻を想う。
森谷果樹園ホームページ有機農業を目指して発行より
バックナンバNO9・1998/02/22地球の食物連鎖






〜農産品を届ける〜

人間の身体と心をつくるのは口から入る食べものと知恵。
「だから食べるものはきちんとしたものをなるべく食べたい。」
今から育っていく子供たちにも、基本中の基本。
土に自然に触れて季節を感じて、生命の営みを感じながら「食べること」を楽しんでもらいたい。「食べる」ことは生きること、空と大地からのすばらしい贈り物だと思っています。
だからこそ農家をしている私たちには、食べたい人にきちんとした食べもの(良い自然環境の中にのって育った食べ物)を届ける義務があります。
「食べ物」を通して多くの方とコミュニケーションができたら幸いです。
大気圏・水圏・土壌圏の3圏の関わりからいただく命と気づきのやりとり

健康食生活「安全・安心・美味穀類を中心にしたバランスのとれた食生活」






ホームページへ戻る



since Oct.11,2008